スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

March goes out like a lamb.

March comes in like a lion.

将棋漫画『3月のライオン』の英題にもなっているこの言葉、もとはイギリスの古い諺で"March comes in like a lion, and goes out like a lamb."

「3月はライオンのような厳しい寒さで始まり、羊のように穏やかに去っていく」という意味で春の訪れる様子を表す言葉である。例年、東京では3月も半ばを過ぎればコートがいらなくなるのだが、今年は3月下旬になっても寒かった。加えて11日に発生した地震もあって正直春を感じる余裕もなかった。ここ2、3日ようやく暖かくなって東京では桜も開花したが、被災地東北はまだまだ寒い日が続いているようだ。

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から早いもので半月が過ぎた。ほんとうに今年の3月はあっという間だった。
余震は収まりつつあり、鉄道などの交通機関も徐々に回復してきている。少なくとも私の住んでいる東京では普通の生活を送ることができる。その一方で福島原発事故の影響による放射能漏れのニュースが世間を騒がせている。東京は日常生活を送る上では問題ないレベルと認識しているが、毎日原発のニュースばかりだと不安になる人も多いかもしれない。

暗いニュースが多いがあまりにも深刻になりすぎると神経が磨り減ってしまう。復興は確実に長期化する。放射能とも長いお付き合いになるだろう。長い「戦い」に備え力を貯めることも大切なことかもしれない。状況を冷静に見つめつつもできるだけ前向きに生活していこうと思う。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/31 22:30 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL