スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女子オープン第1局 甲斐vs上田 超速3七銀

マイナビ女子オープン(中継サイト)

甲斐智美女王に上田初美女流二段が挑戦するマイナビ女子オープンが開幕。
今回が2度目のタイトル挑戦となる上田女流二段。近年成長著しく各棋戦で上位に進出しているが、里見甲斐の両タイトルホルダーに大きく負け越している。甲斐女王との対戦成績はこれまで2勝8敗。ここで世代の近い二人との差を詰めたいところだろう。

両者振り飛車党だが、本局は先手の上田が居飛車を選択、対して甲斐女王はゴキゲン中飛車を採用し、対抗形の将棋となった。

20110405上田甲斐11手

先手は、昨年度升田幸三賞を受賞した「超速3七銀戦法」。現在ゴキゲン中飛車対策として最も人気のある、エース戦法である。

ちなみに、上図の局面は平成22年1月から今年2月2日まで公式戦で117局指され、先手の56勝61敗(※1)、ほぼ互角だが、居飛車側が負け越しているのは意外な感じもする。この「超速」は序盤から主導権を握れて、決まったときの破壊力がある。その一方で玉は薄いので勝ちきるのは大変。また歩越し銀は本来良くない形なので、うまく攻めないとカウンターを食らって失敗に終わってしまう。

本局も終盤で居飛車の玉の薄さが響いたように思う。53手目▲4二銀は両取りだがそれほど厳しくない。「両取り逃げるべからず」で、△5七歩~△2八飛が厳しい。振り飛車の攻めのほうが速く甲斐優勢。▲3一飛にも受けずに△5八銀で振り飛車勝ち。格言にあるように「箱入り娘は手がつくと早い」。

本譜は△5八銀でなく△4一桂(60手目)だったが、これも落ち着いた手で、甲斐女王が優勢のようだ。

しかし最終盤、まさかの見落としがあって頓死。
最後は簡単な7手詰めだったので、ちょっと信じられない。

逆転で上田女流二段が白星スタート。この幸運を生かすことができるか。

※1 『将棋世界 2011年4月号』「最強久保振り飛車 さばきのエッセンス」より引用


将棋世界 2011年 05月号 [雑誌]将棋世界 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/04/02)
不明

商品詳細を見る


↑挑戦者・上田女流二段へのインタビュー記事が良かったです。これから応援したくなりました(←今までは応援していなかったのか?笑)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/04/06 07:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL