スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61回NHK杯1回戦 船江恒平vs村山慈明

昨年前期三段リーグで四段昇段を決めた船江恒平四段がNHK杯本戦初出場。解説は師匠の井上慶太九段。詰将棋では有名だが、彼が将棋を指すのを観るのは初めてだ。対戦相手は若手強豪、「序盤は村山に聞け」の村山慈明五段。小学生名人→新人王の超エリート棋士。現在進行中の王位リーグ白組では3連勝と単独首位。この人も次にタイトル挑戦を期待されている若手の1人だ。


流行の横歩取り△8五飛+5二玉型の将棋。△7四歩(24手目)に▲3八金なら穏やかだが▲3六歩(25手目)で激しくなった。「▲3六歩と突かれたら行くしかない」と村山。後手が主導権を握る展開になった。

この将棋、前例(王将戦▲中村修△飯島、中村勝ち)では△7三桂に▲6六歩△7六飛▲6七玉と顔面受けしたのだが、さすがにその展開は自信が持てなかったか。しかし、本譜△7六飛(34手目)に▲7七歩と受けるののでは辛いような気もする。

funae_murayama001.jpg

上図、△8七歩の叩きが痛打。▲7六歩と角道を開けた後だと7七角とかわされるが、この瞬間は▲同金しかない。形を乱して△2四飛と飛車交換を迫る。△8七歩▲同金を入れた効果で次に△6五桂が厳しい。(▲6八銀と受ければ△7八飛)後手優勢となった。先手陣はバラバラで収拾がつかない。

以下、村山五段が着実にリードを広げ勝ち。初出場の船江四段は良い所なく終わってしまった。

久々に長い感想戦となったが、師匠の井上九段の弟子にかける暖かい言葉が印象に残った。良いお師匠さんですねぇ。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/05/01 18:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL