スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61回NHK杯 北島忠雄六段vs屋敷伸之九段

日曜日のNHK杯を一日遅れで鑑賞。

先手の北島忠雄六段は時折振り飛車を採用することもあるが基本は居飛車党。テレビ将棋では2年前の銀河戦で羽生善治名人を破ったのが印象に残っている。また2006年には同じく銀河戦で森内名人(当時)を破って8人抜きを達成している、早指しを得意としている棋士だ。
対するは、最年少タイトルホルダー、今年悲願のA級昇級を達成した屋敷伸之九段。

戦型は後手の屋敷九段が2手目△3四歩から横歩取りに誘導、今流行の△5二玉型の中座飛車となった。38手目△2四歩と控えて打てば今期名人戦第1局と同進行だったが、本譜は△2五歩。どちらが得かは難しいところ。

kitajima_yasiki001.jpg

第1図、後手は先手の飛車のコビンが開いた瞬間を狙って、△7五歩(42手目)と仕掛ける。これを取るのは後手の攻めに調子がつくので先手は▲3七桂。その後の数手の応酬は先手が後手の攻めをうまくおさめた感じ。

第2弾として△9六歩(54手目)から端を絡めて攻めていったが、▲4六歩(61手目)とじっと自玉の懐を広げてから▲7五歩(63手目)以下ごちゃごちゃして先手が優勢になった。端攻めの善悪は分からないがこの▲4六歩が入って先手が良くなったような気がする。後手は9筋を破ったが先手の攻めのほうが速く、間に合わなかった。

81手目の▲2五桂が好手。ついつい▲3三馬と桂馬を取ってしまいがちだが、このほうが玉の懐が広がり飛車先も通る。この手で先手がリードを広げた。

最後は長手数の詰みだったが、北島六段がしっかりと詰ましてみせた。
kitajima_yashiki002.jpg

投了図うっかり▲3七銀と上がるのは△3五玉で打ち歩詰めだが、さすがにプロはそんなミスはしない。投了図以下△2六玉▲4四角成に桂香合いは▲2七歩~▲3四角成、飛車合いが長いが▲3五同馬 △同玉 ▲3六飛 △4四玉 ▲3四飛 △5五玉 ▲5六歩までの詰みとなる。

結果的には4六の歩が4七ならばこの即詰みはなかったわけで、中盤の▲4六歩が懐を広げるだけでなく、詰みにも働く、大きな一手となった。これは北島六段の快勝と言っていいだろう。

勝った北島六段は二回戦で怪物・糸谷哲郎五段と対戦する。


マイコミ将棋BOOKS 乱戦!相横歩取りマイコミ将棋BOOKS 乱戦!相横歩取り
(2011/02/16)
北島 忠雄

商品詳細を見る



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/05/31 06:30 ] NHK杯 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

北島六段の快心譜、NHK将棋トーナメント北島忠雄六段 vs 屋敷伸之九段
 ▲北島忠雄六段 vs △屋敷伸之九段の一戦、相掛かりから先手は横歩取り・後手屋敷九段が中座流を選択、解説は奨励会時代に屋敷と朝まで10秒将棋を戦った経験のある中川大輔八段。 ...
[2011/05/31 06:43] All about 将棋の世界