スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61回NHK杯 有森vs阿部健

山形出身のホープ、阿部健治郎新人王が登場。私と同じ東北人ということもあり、応援している棋士の1人だ。

対戦相手はベテラン実力者の有森浩三七段。若手の頃は難関の十段リーグ、王将リーグに入り当時の谷川名人ら上位棋士を破る活躍をみせていた。今回フリークラス棋士では唯一予選を突破して本戦出場。体調さえ崩さなければ今でも順位戦の上のほうで活躍しているのだろう。今回も酸素マスクを着用しての対局だ。

有森七段の先手番で石田流、阿部四段は居飛車銀冠で対抗したがこれが千日手となった。
有森阿部健001
上図から△6五銀▲6七銀△7四銀▲7六銀△6五銀・・・以下千日手。
先週の永瀬佐藤戦に続いて二週連続で千日手というのは異例だが、打開するのも難しかったか。

千日手指し直し局は矢倉模様、先手が左美濃で後手が矢倉早囲いを目指す将棋となった。お互いに3筋7筋を交換→後手から角交換して迎えた第2図

有森阿部002-2

後手に2五の歩を掠め取られたが、ここで▲5五歩が鋭い一着だった。△同歩には▲7二歩と垂らして△同飛ならば▲6五角を狙う。解説の藤井猛九段は、▲3七桂△3四銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩に▲3四飛△同金▲4三銀の強襲を指摘。これも後手が居玉なので成立しそうな攻めだ。
後手は△同歩と取らず△3二金と締まったが、▲5四歩~▲5八飛で中央から反撃して先手優勢になった。銀が2五に行って薄くなった中央を狙ったのは巧かった。

先手には準王手飛車がかかったが、左美濃が堅いので飛車角交換は問題ない。後手は飛車を持っても打ち込み場所が少なく、対して先手からは二枚の角を持って▲8五角(69手目)、▲6四角(73手目)が厳しい。先手が大きな駒得となり、75手で阿部四段の中押し勝ちとなった。先手の攻めが思ったよりも厳しく後手はポッキリ折れてしまったような内容だった。

有森七段にとっては残念な内容となったが、体に気をつけてまた元気な姿を見せてほしいと思う。

勝った阿部健治郎四段は、2回戦A級の高橋道雄九段との対戦。銀河戦では7人抜きの活躍をみせているが、NHK杯ではどこまで勝ちあがるか、2回戦以降も注目だ。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/06/13 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL