スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第69期名人戦第7局1日目

いよいよ最終局を迎えた羽生善治vs森内俊之の永世名人対決。

振り駒の結果、森内俊之九段の先手番となった。後手の羽生善治名人の作戦が注目されたが、第1局、第5局に続いて横歩取りを採用した。最近は△5二玉型の中座飛車が流行っているが、本局はオーソドックスな△4一玉型。対して先手の森内九段は中座飛車対策のエース戦法である「新山崎流」で対抗。この「新山崎流」の勝率が高いため、最近は△4一玉型を避け、△5二玉型を採用するプロが多い。

途中までは昨年の王将リーグ▲羽生△深浦戦(棋譜はこちら)と同じ進行を辿ったが、48手目に後手の羽生名人が「新手」を出し未知の局面に突入。もっとも水面下ではかなり研究が進んでいるのだろう。

50手目△6四歩に対して森内九段が2時間近くの大長考。そのまま指さずに次の一手を封じた。局面は難解でまだ何とも言えないが、プロの先生方は「先手持ち」の人が多いのかな?

2日目はかなり早い進行になると思われる。最後まで熱戦になることを期待するが、一気に差が広がりやすい将棋なので、あっけなく終わりそうな気もする。


大盤解説会情報はこちら(連盟のHPに飛びます)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/06/22 06:08 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL