スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第69期名人戦第7局 森内俊之名人復位

将棋:「総合力で勝負」結実…森内奪還 名人戦第7局(毎日.jp)
森内九段、名人奪還 4期ぶり通算6期目 将棋名人戦(asahi.com)

第7局、1日目を終えた時点では夕休前の早い終局もあると思った。横歩取りの将棋は一発で決まる可能性がある。しかし、その予想は良い意味で外れた。最終局にふさわしい、文字通り手に汗握る大熱戦となった。

封じ手は控室の第一候補として挙がっていた▲8二歩ではなく、より激しい▲5三桂左成(51手目)。森内挑戦者が積極的に攻め、後手が受けに苦労する展開となり、控室では早くから先手良しの声が上がっていた。しかし、そこからの羽生さんの追い上げが凄かった。妖しい粘りで、「後手のジリ貧負け」と思われていた将棋はいつの間にか一手を争う展開となっていた。

控室では逆転の声も出てきたようだったが、冷静に見ると後手が少しずつ足りない。103手目手筋の▲3九銀が決め手となった。
羽生森内最終001

この銀捨てで一手を稼ぎ、先手勝ちがはっきりしたようだ。以下、後手の必死の粘りを振り切り、123手で森内挑戦者の勝ちとなった。

詳しい解説と棋譜は名人戦棋譜速報をご覧ください。


===================================================

今期の名人戦、森内さんの開幕前の下馬評は低かった。

椿山荘での第1局、現地での大盤解説会に行ってきたのだが、そこでこんな一幕があった。
解説のK八段が雑談で「このシリーズ羽生名人乗りの方はどれくらいいますか?」と観客にアンケートを取った。パッと見渡しただけでも半数以上の手が挙がっただろうか。次に「では森内さんが名人を奪取すると思う方は?」と尋ねるとパラパラと数えるほどしか手が挙がらない。これにはK八段も「これは森内さんには教えられないね」と苦笑い。

解説会は羽生さんのファンが多かっただけかもしれないが、ブログやTwitterの予想でも羽生乗りの声が多かったと思う。一昨年の竜王戦で渡辺竜王に4連敗で敗退、その後はタイトル戦に登場することもなく、昨年後半には9連敗を経験した。いくら名人戦に強いと言っても最近の成績をみると厳しいと思った。ところが、蓋を開けてみると森内さんの3連勝スタート。しかし、そこから羽生名人が盛り返して3連勝、他棋戦も合わせると8連勝と復調をみせ名人防衛の雰囲気が出てきた。森内さんにも少なからずプレッシャーがあったと思う。

それでも苦境を跳ね返して勝ったのは素晴らしい。最終局振り駒で先手番を引く強運も含めて、森内名人の勝負強さを改めて実感させられた今回の名人戦だった。


羽生さんにとっては残念な結果となったが、この敗戦が尾を引くことはないと思う。若い人相手に負けたのではなく、小さい頃から勝った負けたを繰り返してきた森内さん相手だからダメージは小さいと思う。直ぐに切り替えてまた鬼のような強さを見せてくれるだろう。


最後に、森内俊之新名人、名人奪取おめでとうございます!!



羽生VS森内百番指し羽生VS森内百番指し
(2011/01/29)
羽生 善治、森内 俊之 他

商品詳細を見る



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/06/23 07:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

将棋名人戦
自分で起き上がる世にも奇妙なかたち「Gomboc」(動画あり) 朝日アマ将棋名人戦三番勝負、18日に第1局 http://rss.asahi.com/click.phdo?i=3a0afb5af25e61688c596b3a006e9474 · 赤ちゃん パパ 感謝 赤ちゃん 思いやり 感謝 書籍 青木仁志 イクメン 書籍 小田 全?...
[2011/06/23 07:34] 最新情報だよ