スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月25日 第82期棋聖戦第2局 羽生vs深浦

棋聖戦中継サイト

3日前の22日に名人位を失冠したばかりの羽生善治棋聖。ゆっくり休む暇もなく豊田に移動しての棋聖戦である。毎年こういうハードスケジュールをこなして結果を出し続ける羽生さんは本当に凄いと思う。羽生さんも人間だから失冠の影響が全くないわけではないだろうが、気持ちを切り替えて本局に臨んでいるはずだ。

対する挑戦者の深浦康市九段。羽生善治相手に互角の成績を残し「羽生キラー」と呼ばれることが多かったが、最近は5連敗中。このあたりで連敗を止めたいところだろう。

後手の深浦康市九段が一手損角換わりを採用、対して先手は棒銀
habu_fuka0625_001.jpg

馬を作った後手だが、▲7七角(47手目)で馬を消される。△9八馬なら▲9九銀がある・・・と思ったが、深浦九段は△9八馬。以下▲9九銀には△9七香~△8五桂で手がつながるようだ。おそらく深浦さんの研究なのだろう。控室では駒得の先手がやれるとみていたが、羽生棋聖は▲8八金△9九馬▲7八金・・・の千日手を選んだ。

そして指し直し局。後手となった羽生棋聖がなんと藤井流の角交換四間飛車穴熊(レグスペ)を採用した。TL(Twitterのタイムライン)上では大盛り上がり(笑)棋譜コメントにも藤井猛の名前が何度も登場し、藤井先生はくしゃみが止まらなかっただろう。

このレグスペ、本家の藤井九段の将棋では上手くいったところをあまり見たことがない(失礼)。羽生流の味付けはどのようなものかに注目した。中盤、やはり手詰まりになったが、△4五歩(50手目)から打開、桂馬を跳ねてじっと馬を作る。後手は駒損しているが、先手の右金を3六に遊ばせたのが大きい。

そこから長い長い中盤戦となった。お互いの玉が見えず、素人には理解不能な指し手が続く。

△8八馬(136手目)~△6九飛でようやく先手玉がみえてきて、控室は「後手優勢」を断言。しかし▲7八飛(141手目)が根性の受けで寄りが見えない。

habufuka002.jpg

△5四角と引いた手が▲8一竜からの詰みを消した「詰めろ逃れの詰めろ」で、決め手となった。△5四角に対して▲6五桂(181手目)もハッとさせられる。「これが歩なら?」という声があったが、後で検討してみたところ▲6五歩には本譜同様△9九角▲7六玉と逃げたときに△6六金▲8五玉△9三銀!(参考1図)で先手玉は受けなし、後手玉は▲8一竜に△同角と取って詰まないので後手勝ち。

habufuka0625_003.jpg
△8四銀の詰みを受けるなら▲6四飛だが、△8四銀▲同飛△同歩▲同玉△8三歩~△8二飛で詰み。
6五の歩が桂馬だと上図で▲7三桂不成が「詰めろ逃れの詰めろ」になるようだ。以下△8四銀▲7四玉△7三銀には▲8三玉で凌いでいる。

結果的には▲6五桂でも負けだったわけだが、最善の粘りだったのだろう。
深浦さんに勝ちがあったとすれば、直前の▲6一飛成(177手目)で▲7二金だったかもしれない。この辺りは観戦記待ち。

いずれにせよ、これは名局賞候補でしょう。

とは言うものの、私は深浦九段のファンなので負けたのは残念。次局なんとか1つだけでも返してほしいが、ちょっと厳しいかもしれない。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/06/26 07:29 ] 棋聖戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL