スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61回NHK杯 甲斐智美vs島朗 

NHK杯1回戦最後のカードは女流枠を勝ち上がった甲斐智美女流王位と初代竜王の島朗九段の対戦となった。

甲斐女流王位を始めとして強い若手が増え、女流棋士全体のレベルは確実に上がっている。例えば、先日の朝日杯では上田初美女王が金沢五段に、岩根忍女流二段が熊坂五段に、そして中村真梨花さんが伊藤能五段に白星を挙げている。だが、今日の相手が島朗というのはキツい。順位戦はB級2組に落ちたが、昨年度の勝率を見ても分かるように力はまだまだ衰えていない。フリークラスの棋士相手なら勝てても、島さんクラスに勝つのは厳しいだろう、というのが私の戦前の予想。

戦型は甲斐女流が後手番ということでゴキゲン中飛車、対する島朗九段の対策が注目されたが、今流行りの「超速3七銀」ではなく、4筋の位を取って▲4六銀と出る急戦だった。プロの将棋ではあまり見ない古風な作戦。流行形だと若手(甲斐)の研究にはまる可能性もある。自分の土俵で戦いたいというのがあったのだろう。

解説の阿久津主税七段も「見たことがない」というこの形だが、島九段は鈴木大介八段相手に一度この戦法を指して勝っている。(2007年、第56回NHK杯本戦3回戦)。この形は、通常の▲4六銀急戦と比べて歩越し銀でないので筋は良いと思うのだが、(▲4六歩、▲4五歩の2手指してるぶん)攻め足が遅いのでスピード重視の現代将棋ではあまり指されないのかもしれない。

甲斐島001

次に▲3四歩と打たれると居飛車優勢なので△5六歩と突いて捌きに出る。▲4四歩に△3四歩▲同銀と取らせて目標となっている角を捌くことができた。このあたりは振り飛車もまずまずだろう。

甲斐島002

振り飛車が5四の歩を取った局面、飛車が走れるので厳密には居飛車が良いのだろう。しかし、玉形の差があるので実戦的には互角。ここで▲2四飛には△2三歩~△1四角の反撃が気になったか、島九段は▲4三角~▲5五歩。▲5五歩は「敵の打ちたいところに打て」で、▲3四角成から5六に馬を引きつければ居飛車が手厚く負けにくい。本局、島九段は一貫して「負けにくい手」を選んでいるようだ。

後手からは△4六角から、3四の馬を狙って△3一飛と反撃したかったが、▲4三歩(53手目)と叩いたのが好手。△3二金とかわしたが、3一飛の筋がなくなりはっきり居飛車が良くなった。

▲4一飛(69手目)が先手で入ってしまってはさすがに粘りようがない。その後数手で甲斐女流王位が駒を投じた。終わってみれば島九段の快勝譜。

後手もまずまずの形勢で進めていたが、どこで悪くなったのだろうか?感想戦によると▲5五歩に△4二金(48手目)のところで△3三桂とすべきだったようだ。次に△4五桂と跳ねて中央からガリガリ反撃する。この桂馬を捌けずに最後まで残ってしまったのは痛かった。

島九段の駒落ち上手のような緩急自在の指し回しに、甲斐女流が翻弄された一局と言えるかもしれない。感想戦でも上手(うわて)の余裕が感じられて、指導対局を見てるような雰囲気だった。残念ながら力が及ばなかった甲斐さんだがこの経験を生かして頑張ってほしいですね。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/31 23:50 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL