スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8月21日 第61回NHK杯2回戦 糸谷vs北島

日曜日のNHK杯の感想。
NHK杯2年連続準優勝の糸谷哲郎五段と北島忠雄六段の対戦。前期NHK杯、39手で丸山九段を倒した将棋は記憶に新しい。糸谷丸山戦の反響は大きく、このBlogも放映翌日のPVが過去最高を記録した。(いつもと比べて5倍以上はあったと思う)

後手北島六段が4手目△9四歩から角交換向かい飛車を採用。この形もだいぶ定跡化が進んだ。序盤は▲8二角や▲6五角を打つチャンスがあったが、それらを全てスルーして着々と駒組みが進む。(▲8二角には△9四歩の効果で△9三香と逃げられる。▲6五角には△7四角と合わせる。)

後手は片銀冠、対して先手は7筋、6筋の位を取って模様を張る。後手が先手の7筋の位に反発して戦いが始まった。


43手目の▲3一角。△3二飛で部分的には角が死んでいるが、▲7五角成△同銀▲同銀で▲7四歩が残ってこれは先手有望。しかし、△5二飛~△5一飛で角を捕獲したのが好手順。▲7四銀と取らせたことで7四歩も消している。後手が冷静な切り返しでリードを奪った。

△4二角(50手目)は角交換型の振り飛車ではよく見られる自陣角。先手の薄い端に狙いをつける。先手は勢い▲2四歩と突っかけていったが△2四同角(54手目)をあまり読んでいなかったのかもしれない。この辺り糸谷五段の「長考」が続く。普通は▲2四歩を突くときに考えるものだけれども、この時間の使い方はある意味糸谷さんらしい。



上図の△4九角(60手目)が好手だった。▲5八銀で打った角は死ぬが、その瞬間△4六角と飛車取りに出る手がある。しかし、代わる手もなく先手は考慮時間3回使って▲5八銀。△4六角▲4八飛に△5八角成から二枚換えで後手優勢となった。

そこから糸谷五段も激しい追い上げをみせ後手玉に迫るが、少しずつ足りない。9筋の位が大きく後手玉になかなか詰めろがかからないのだ。延々と粘ってみせたが最後は即詰みに討ち取られ投了。

感想戦での北島六段の優しい笑顔が印象に残った。表情は穏やかだが、将棋の指し手は厳しい。そのギャップに魅力を感じたファンも多かったのでは?屋敷、糸谷と強豪を連破し今期は台風の目となりそうだ。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/25 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL