スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第49回三段リーグ最終戦、高見藤森昇段

見三段と藤森三段が新四段に!(日本将棋連盟)
9月10日(土)に行われました第49回奨励会三段リーグ戦(2011年4月~9月)において、見泰地三段と藤森哲也三段が四段昇段を決めました。最終成績は、見三段が13勝5敗、藤森三段が12勝6敗です四段昇段日は2011年10月1日付となります。
なお、次点は12勝6敗で石井健太郎三段です。

三段リーグは最終戦にドラマが起こった。

1つ勝てば昇段決定、2連敗でも上がる可能性が高かった首位の高見泰地三段は1勝1敗。自力でプロの座を勝ち取った。
もう1枠は16回戦終了時点で7番手だった藤森哲也三段。2連勝で12勝6敗とし、竹内貴、上村、斎藤、都成、千田がいずれも1勝1敗以下に終わったため(9月11日朝の時点で公式の星取表が更新されていないのでここまでしか分からない)、逆転で四段昇段を決めた。

藤森三段は確率的には厳しかったが、最後まで諦めない気持ちが奇跡を呼び込んだのだろう。2週間前の記事で「6敗で斎藤慎太郎、都成竜馬ら8人が追う展開」と書いたのだが、そのときは正直ノーマークだった。「ら」扱いしてスイマセンでした^^;

高見泰地新四段は石田和雄九段門下の17歳。これで石田門下は佐々木勇気、門倉啓太に続いて3期連続で新四段誕生ということになる。
藤森哲也新四段は、藤森奈津子女流四段の長男。毎年大内延介九段が新橋のSL広場で名人戦の解説会を行っているが、その大盤操作係を務めていたのが哲也四段だった。女流棋士を母に持つ棋士は彼が初めてということになる。

お2人ともおめでとうございます!



<追記>
三段リーグの成績表が更新されている。
第49回三段リーグ戦

17回戦の結果高見が昇級決定、以下上村12-5,千田11-6、藤森11-6,石井11-6の順で並んでいたが、上村千田が敗れて藤森三段の逆転昇段となった。

惜しくも順位1つの差で石井健太郎三段が次点。藤森石井の両名は前々回(47回)の最終戦同星で対戦、藤森が勝って9-9,石井が8-10だった。そして前期は共に11勝7敗だったので前々回の直接対決がそのまま今期の順位1つの差となって現れたわけだ。

改めて三段リーグの厳しさを実感。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/11 07:30 ] 奨励会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL