スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

菊池雄星くん

日本のプロ野球かアメリカ大リーグに挑戦するかで卒業後の進路が注目されていた
花巻東高校の菊池雄星投手が米球界挑戦を断念に日本の球団のみに絞ることを決断した。

18歳で大きな決断を迫られたわけで、涙を流すのも無理はない。この決断が良い方向に向かうように
頑張ってほしい。

 しかし、いまだに「日本かアメリカか」という観点の議論がなされているのは時代遅れといわざるをえない。
今回の件について、世間の論調或いはネット上の意見は「日本で結果を出していないのにアメリカに行くのはまだ早い」「アメリカに行かないでほしい」という意見が多かった。なにかメジャーに挑戦するのは悪という雰囲気があったように思う。そういう空気が雄星くんにとってもプレッシャーになったのではないか。考えすぎだろうか?

 新卒で外資系企業に進むのも当たり前の今の時代。アメリカ球界に「就職」するという考えはなんら不思議なことではない。外資か日系かという考え自体が古い。これからは世界中どこの国とか関係なく働く時代だと思う。そういう時代だということを実は若い子(中学生、高校生、大学生)ほど敏感に察知している。「なぜアメリカに行けないんだろう」そんなことを雄星くんは思っていることだろう。

 昨年田沢投手のことが話題になっていたときに、米球界経験を持つ木田優夫投手がBlogでこんなことを言っていた

しかし、「田沢問題」とは何か?と考えると、この書き方は、おかしいと言うか、そもそも「田沢問題」は無いんじゃないかと思います。
今迄、日米野球を開催したり、メジャー・リーグの開幕戦を日本で行わせたりして来たのだから、日本の子供達がメジャー・リーグに憧れる事があっても当然じゃないでしょうか?
なのに、夢を持った若者が出て来たら「大変だ!」と騒ぐ方が、変だと思います

(木田優夫オフィシャルブログより引用)

今回も「雄星の進路問題」と書かれることが多かったが、そもそも「問題」なのがおかしい。
今のシステムでは優秀な素材ほど海外に行きにくくなっている。若い挑戦を拒むようなシステムでは日本球界は発展しないと思うのだが。

 本人を傍でみてきたわけでもないが、彼(雄星投手)はかなり意識の高い選手だなぁと感じている。
技術的な細かい部分は良く分からないが、この子は伸びると思う。(←お前何様だよと言われそうだが)
どんなに良い素材でも、低い意識で努力できなければプロでは成功できない。その点彼はプロに入ってからもかなり伸びるのではないかと私はみている。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/10/25 23:30 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL