スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽生王位奪還 史上1位の通算80期

羽生 王位返り咲き タイトル80期 大山に並び通算1位に(西日本新聞)

広瀬章人王位の2連勝でスタートした今期の王位戦だったが、最後は第一人者羽生善治が貫禄を見せ4勝3敗で奪取、5期ぶりの王位返り咲きとなった。そして、通算タイトル獲得数が80期となり、故・大山康晴十五世名人の史上最多記録と並んだ。

七番勝負を振り返ってみると広瀬さんも内容的には決して負けていなかったが、最後は羽生さんの経験値、勝負強さが上回ったという印象だ。
結果論になるが、定跡通りの進行で敗れた第4局が惜しまれる。

残念ながら1期で王位失冠となった広瀬さんだが、実力は確かなものがあるので、またすぐにタイトルを獲ると思う。広瀬さんは後手番よりも先手番の勝率が悪いという珍しい棋士だが、先手番の勝率が改善されれば他の棋士にとって脅威となるだろう。(今も十分脅威だが)

Twitterにも書いたが、王位戦は続けて同じカードになることが多い棋戦でもある。古くは加藤高橋、谷川vs森がそうだったし、羽生郷田の三年戦争(93-95年)、羽生谷川(02-04年)、羽生佐藤(05-06年)、そして2年連続フルセットの羽生深浦など、例は多い。なので、来年も羽生広瀬の七番勝負になるのではないか。
渡辺竜王、森内名人が王位戦は何故か相性が悪いので、ライバルは少ないと思う。もちろん、ほかの棋戦での挑戦も期待したい。

広瀬さんのことばかり書いたが、羽生さんの通算80期は本当に素晴らしい記録。おめでとうございます。強い若手が増えているので、昔のように四冠五冠と保持するのは難しいかもしれないが、100期という数字はいずれ達成するでしょうね。


大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
(2011/02/10)
羽生 善治

商品詳細を見る


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/14 23:14 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL