スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

A級順位戦 羽生vs渡辺 久保vs谷川

名人戦棋譜速報

金曜日に行われたA級順位戦3回戦は、羽生vs渡辺、久保vs谷川といずれもゴールデンカード。その中でも順位戦初対決となる羽生渡辺戦は、王座戦を戦っている最中でもあり、注目の一番だった。

渡辺明竜王(2勝0敗)-△羽生善治三冠(2勝0敗)
羽生三冠がゴキゲン中飛車を採用。ゴキ中対超速3七銀の対抗形となった。後手は捌き重視の△3二銀型。角交換から先手が先に馬を作る形だが、△2五角から後手に抑えこまれ完敗。瞬間的に角桂交換の駒損でも指せるという羽生三冠の大局観が優った将棋だった。
羽生三冠快勝で三連勝。

久保利明二冠(0勝2敗)-△谷川浩司九段(2勝0敗)
久保二冠の石田流に後手は左美濃。途中までは先日の竜王戦▲久保△丸山戦と同じ将棋になった。

4五銀から6五歩と仕掛けるのも久保丸山戦と一緒。ただし、この仕掛けは先手が4連敗している。
本局も先手が好調に攻めているように見えたが、馬の利きが強く後手玉はなかなか寄らない。
逆に後手の玉頭からの反撃が厳しく後手優勢。最後までギリギリの攻防が続いたが、谷川九段が冷静に寄り切った。
この戦型は石田流が5連敗なので作戦の練り直しをしなければならないだろう。

==========================

A級順位戦は現時点で羽生谷川が3連勝。羽生三冠のA級3連勝スタートは、A級1期目の52期以来18年ぶり2度目。森内俊之名人しか達成していないA級全勝なるか注目だ。渡辺竜王は1敗に後退したが、まだ先は長いので1差をキープして逆転を狙いたい。谷川九段は3期連続で3連勝スタートだが、前期、前々期は後半失速したので今年こそは最後までついていってほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/19 23:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL