スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

渡辺明竜王が二冠達成 第59期王座戦第3局

棋譜:羽生善治王座 対 渡辺明竜王

20連覇をかけた羽生善治王座に渡辺明竜王が挑んだ今期の王座戦。結果は渡辺竜王が3連勝で王座奪取、初の二冠を達成した。

渡辺竜王が初めてタイトル戦に挑戦したのが2003年の王座戦。当時はまだ19歳、五段だった。あの時は奪取一歩手前まで行って羽生王座を震えさせるも、2勝3敗で惜しくも敗退。翌年(2004年)竜王位を獲得し7連覇したが、他のタイトルになかなか手が届かなかった。あれから8年、数々の栄光と挫折を乗り越え、ついに二冠達成。
「冬将軍」、「竜王戦だけで暮らす男」などと揶揄されたこともあったが、もうそんなことは言わせない。

====================

第3局、戦型は横歩取り。先手中住まいに後手は△5二玉型+△8四飛の最新流行形となった。
▲3五歩(33手目)の局面は△4一玉型なら実戦例がある将棋で、後手玉が5二なのがどう影響するかというところ。

▲8二歩(37手目)から先手はと金を作りに行くが、後手も手順に桂馬を跳ねられる。ここから飛角桂の攻めで先手陣に襲いかかる。素人目には後手の攻めが続き好調のように見えるが、厳密には無理攻めなのかもしれない。
先手はじっと8二から7二へ"と金"を寄せる。5二玉型なので、このと金の当たりが強いというのが先手の主張なのだろうか?

二枚飛車で迫られた局面は生きた心地がしないが、▲6八金~▲5六歩(65手目)で受かっている。Twitter解説の宮田敦史六段は先手が良いとの見解。しかし飛車を追い返す▲5六歩に△3五桂が好手でどちらに玉を逃げても味が悪い。先手は4八の角をどこかで8四か1五に出て攻めに使いたかったが、それがなくなってしまった。ここでは「先に▲3六歩だったか」との渡辺竜王の感想がある。

これで後手が勝ちそうになったが(素人目にはそう見えたが)、形勢は依然として難解。感想によれば後手からの明快な決め手はなく、先手がギリギリのところで余していたようだ。

難解な終盤戦がその後70手以上も続く。というか、正直どこからが終盤戦だったのかも分からない。観るほうも疲れるような大熱戦となったが、147手で渡辺竜王の勝ちとなった。

結果は渡辺竜王の3連勝となったが、内容的にはいずれも接戦。第2局と第3局は結果がひっくり返ってもおかしくなかった。中身の濃い番勝負だったと思う。

====================

羽生善治王座の王座戦連覇記録は19でストップした。

これで「羽生時代の終わり」みたいな声も聞こえてきたが、それを言うのはまだ早いと思う。王位奪取、棋聖防衛、そして順位戦ではトップを走っている羽生さんは依然として第一人者でしょう。それでも、1つ山が動いたのは間違いない。羽生さんと「肩を並べた」ぐらいは言っても良いんじゃないでしょうか。(まだ駄目ですかね?)
この2人にはこれからも熱戦、名勝負を見せてほしいですね。

最後になりましたが、渡辺明竜王、二冠達成おめでとうございます!!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/28 21:43 ] 王座戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL