スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10月9日 NHK杯2回戦 山崎隆之vs森内俊之

森内俊之名人対山崎隆之七段、共にNHK杯優勝経験のある強豪同士の対戦。過去の対戦成績は森内名人の6勝3敗。

▲2六歩△8四歩から相掛かりの将棋となった。引き飛車棒銀は山崎七段の得意戦法。定跡化が進んでいないので、山崎七段の個性が出しやすい戦法だと思う。

この引き飛車棒銀に対する後手の対策は大きく分けて2種類ある。1つは△3三角・△2二銀でがっちりと受けてじっくり戦う指し方と、もう1つは2筋方面は軽く受け流して、△7四歩から積極的に攻勢をとる指し方。本局は後者の指し方だが、よく見られる中住まいではなく中原囲いにしたのが工夫。低く囲って捌き合いを狙う。それを見て先手は▲6六歩から持久戦に切り替える。後手は堅く囲っているが進展性がないので持久戦になれば苦労する、というのが先手の主張なのだろう。

先手は左銀も繰り出して二枚銀で「ダブル棒銀」の攻め。単純な攻めだが受けるのが難しい。

居玉のまま▲2四歩とあわせていったが、ここは一回▲6九玉と寄っておくべきだったようだ。△2七歩から△3八銀が用意の反撃。居玉なのでこの反撃がモロに当ってくる。

上図、銀を3八に投入して目障りな4六の銀を殺そうとしたが、△8五桂~△7七銀が思いのほか厳しい反撃だった。△7七同歩成に▲4六角も疑問でここは素直に清算するほうが良かったと思う。が、このあたりは既に後手ペースなのだろう。

3八に打った銀が壁銀になってしまい、先手玉はあっという間に寄せられてしまった。ちょうど100手で森内名人の勝ち。

序盤は山崎七段ペースだっただけに残念な敗戦となった。一瞬の隙を見逃さなかった森内名人がさすがということか。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/10 18:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL