スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第1期リコー杯女流王座戦五番勝負開幕

リコー杯女流王座戦中継

今日から第1期女流王座戦の決勝五番勝負が始まります。

五番勝負開幕にあたって、女流王座戦の中継サイトもリニューアルされた。
両対局者の直前インタビューやプロモーションムービーなどもあり、気合の入った作りになっている。
その中でも特に、梅田望夫さんと野月浩貴七段の対談、これは是非読んでほしいと思う。

特集 | リコー杯女流王座戦中継 特集 | リコー杯女流王座戦中継

今回決勝に勝ち上がったのは、清水市代女流六段と加藤桃子奨励会員。
清水市代女流六段は言わずと知れた女流の第一人者。一方の加藤桃子さんについてはまだあまり知らない人も多いかもしれない。彼女は「女流棋士」ではなく、奨励会に在籍しプロ棋士を目指し修行している。現在、里見香奈女流三冠と同じく1級。(関西と関東で在籍は異なるが)

しかし、奨励会1級と言われてもどれくらいの実力か、ピンと来ない人が多いのではないかと思う。奨励会が強者揃いで厳しい世界だということは知っているが、どのくらい厳しくてどのくらいの強さなのかはこの世界を経験した者でなければ分からない部分だと思う。男性のプロ棋士と奨励会1級の間にはどれくらいの差があるのか。アマチュアの強い人と比べるとどうなのか?そのあたりを梅田さんとの対談で野月七段がうまく言語化している。

野月 そうですね。奨励会ということで考えていくと、奨励会に入った時点では、みんなアマチュアのなかの強い子達ということで、6級ですとアマチュアで強い人というレベルですね。そこから修行を重ねてきて3級とか2級とかになると将棋の質や考え方が変わってきてプロの将棋の一番下という位置に属性が変わってくる。ちょうど変わり目くらいで個人差もありますけど技術的な面で変化がみられるのが2級から3級くらい、というのがありますね。
我々は三段と四段で区切っていません。そこでスパッと棋力が違いますとは思っていないので。

梅田 それは制度上そうなっているだけだということですか?

野月 そうです。ひとつの流れで基本的に奨励会の6級までがプロ集団だとみているわけですね。今いったように2、3級位でひとつの区切りがあって考え方が我々に近いというか我々と同じようなことを考えるようになってくる。(後略)

野月七段によれば、基本的には奨励会の6級までがプロ集団。数年の修行を経て「奨励会1級」ともなると、プロに近いレベルに達している。
加藤さん、里見さん、そして伊藤沙恵さん(彼女も1級)は今そのレベルで戦っているわけだ。

女流王座戦でのここまでの加藤さんの将棋を観て「鍛えが入っている」という印象を持った。BlogやTwitter上でも同様の感想を目にした。不利でも簡単に崩れない、そして優勢の将棋を確実に辛く勝ちに行く。野月七段が「将棋の質や考え方が違う」と言うのもなんとなく分かる気がする。

一方で、清水さんは奨励会に所属した経験はないが、「自分で叩き上げた将棋」(by野月)で女流の第一人者の座を守り続けてきた。矢内さん、千葉さん、甲斐さんなど奨励会経験者は今までにもいたが、彼女らを退け女流トップに君臨し続けた。しかし、ここ1、2年は若き天才、里見香奈の後塵を拝している。それでも今回決勝まで勝ち上がってくるのは流石だ。今回は女流の代表として貫禄を見せることができるか。

実力は両者互角に近いので、どちらが初代女流王座を勝ち取ってもおかしくない。
大舞台の経験値や実績という点では清水さんに分があるので、個人的には清水持ち。だが、普段どおりに戦えば加藤さんにも十分チャンスはあるだろう。

第1期にふさわしい熱戦となることを期待します。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/22 08:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL