スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第24期竜王戦第2局

竜王戦中継サイト
竜王戦第2局は大方の予想通り角換わり腰掛け銀の将棋となった。

先手の丸山忠久九段は角換わりのスペシャリスト。対する渡辺明竜王は2手目△8四歩派のボスで角換わり腰掛け銀は後手番で受けて立つことが多い。スペシャリスト同士のガチンコ勝負となった。

後手の対策は6筋位取り。前期竜王戦の第6局と同じ形だ。
この形は先後同型と異なり千日手含みで手を殺しあう将棋になる。どちらも形を崩したくない。

先に4筋に飛車を回ったのが先手の趣向。これで後手は待ち方が難しく千日手模様にしにくくなったと感想にある。結果を見ると本当にそうなのか?と思ってしまうが、確かにこのあたりは神経を使うところで1つ間違えれば一気に攻め潰されてしまう。

後手が穴熊を見せたところで先手は▲4五歩から仕掛ける。端攻めを狙って香車を上がったが、△3三桂(51手目)と跳ねられて当たりになってしまった。先手が攻めを焦らされる展開で徐々に後手ペースになった。

(図は今回もクラウド将棋局面図ジェネレータで作成)

△8六歩(56手目)の突き捨てから反撃開始。矢倉でもそうだが渡辺さんの将棋はこの突き捨てのタイミングが絶妙だと思う。△8七歩の叩きから△6九飛(72手目)の両取りが痛い。ちょうどこの手が指されたのが2日目のお昼前。昼休みに携帯で局面を確認したときには本局も早い終局になるかと思った。そこからよく6時まで持ったと思う。

丸山九段も上部脱出をみせ粘ったが、竜王の寄せが正確かつ素早かった。最後は△8九竜が控室のプロをも唸らせる決め手となった。

丸山九段のエース戦法を破った渡辺竜王が防衛に大きく前進。この勢いだと四タテもあるかも?

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/28 23:13 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL