スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯 丸山忠久vs島朗 丸山17連勝

タイトルでネタバレしてしまったが、丸山-島戦は今回も丸山九段の勝ちとなった。
これで対戦成績は丸山忠久九段の17勝0敗!
島朗九段もA級経験豊富な実力者なので1回ぐらい勝っていてもおかしくないのだが・・・まさに「棋界の七不思議」ですね。

=========================
戦型は島九段の△8四歩から正調角換わりとなった。丸山さんは角換わり将棋のスペシャリスト。特に先手角換わりは棋界最強と言ってもいい。今日解説の郷田九段も丸山の先手角換わりに苦しめられている1人。

この将棋は序盤の駆け引きが面白かった。
後手は右銀の動きと△3二金を保留する → 丸山の▲4七銀を見て棒銀に出る → 先手は右玉を含みに玉の位置を保留
▲6八玉を見て、△7五歩と仕掛けていったが△9四歩▲6八玉の交換は先手得。先手も攻撃形が出来上がっているので反撃が厳しい。郷田解説によればプロ間では先手の勝率が高い形とのこと。

後手が十字飛車狙いに来たのに対し、先手は手抜いて▲2二歩。十字飛車には桂馬を取って攻めあおうというもの。
これを見て後手は十字飛車に行かず4八に角を打ち込んだが、▲2八銀と打たれてみるとこの角が負担になってしまった。

劣勢の島九段はは△3三桂から△4五桂と跳ねて勝負に行ったが、▲5五角(73手目)が痛い。

後手は早逃げで粘るが▲6二歩が「焦点の歩」の好手だった。

後手は△4二歩と受けてから△5四桂と攻め合いに出たが、▲6三金と縛られて受けが無くなってしまった。
最後は王手ラッシュで6三の金を抜いて頑張ろうとしたが及ばず、またしても丸山九段の勝ち。

島さんにとっては屈辱の17連敗となってしまったが、両者の攻防は見ごたえがあって勉強になった一局だった。

マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わりマイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり
(2011/08/19)
西尾 明

商品詳細を見る



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/31 06:55 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL