スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第24期竜王戦第3局 丸山逆転勝ち

第3局は第1局に引き続き後手の丸山忠久九段が一手損角換わりを採用した。

先手の早繰り銀に対して△3二金を保留し△4四歩を急いだのが丸山九段が用意してきた構想だった。狙いは先手の銀を4六に出させないため。
そこで先手は▲5六歩を突いてから銀を活用する。銀交換して3五に歩が伸びたあたりは先手が満足のいく展開だろう。

そこから馬を作って1一の香車を取ることができた封じ手の局面はどう見ても先手が良いはず。
と思ったが、馬が封じ込められているので意外と難しかったようだ。

封じ手の▲1一馬に対し後手が選んだのは攻め合い。△8六歩から継ぎ歩で玉頭に迫るが、先手の▲5三歩~▲6三銀も厳しそうだ。


「先手優勢」と言われていた70手目の局面。先手からは▲2三歩成、▲4五香、▲7三銀成、▲1五桂と指したい手が多い。
ここで渡辺竜王の選んだ手は▲4五香だったが、丸山九段の△8七銀!(72手目)が勝負手。

対して竜王は玉を逃げてから飛車を切って詰めろをかけたが、渡した飛車で王手されてからの香打ち(△4一香)が思いの外厳しかった。


▲4一金の一手詰めを受けつつ、遠く4七の地点を睨んで「二手スキ」となっている。一段目の飛車とこの香車で先手玉はサンドウィッチ状態になってしまった。一方で後手玉は広く飛車の横利きもあるのでなかなか寄らない。攻守が入れ替わり丸山九段の逆転勝ちとなった。

感想コメントによると、▲4五香(71手目)では▲7三銀成として8二の飛車の逃げ場所を聞いたほうが良かったようだ。この8二の飛車が最後まで攻防によく利いていた。

竜王からすると、ゆっくり勝ちに行けば優勢を維持できたはずがまさかの逆転負け。スピード感のある寄せが渡辺竜王の持ち味だが、時たまブレーキが利かずに暴走して負けてしまうことがある。本局もそんな感じの負け方だったように思う。

これで七番勝負は渡辺明竜王の2勝1敗。依然として渡辺竜王有利とは思うが、次局丸山九段が得意の角換わり腰掛銀(9割以上の確率でこれだろう)で勝つと流れは変わるかもしれない。


余談ですが、
本局も丸山九段のおやつはマンゴー&パパイアの連投だった。昼食の松花堂弁当にまでマンゴーがついてきたのには笑ってしまった。(→竜王戦中継ブログ「昼食休憩」)さらに、2日目の夕方にはカツサンドも頼み、相変わらずの健啖家ぶりを見せてくれた。
カツサンドは食べる暇がなかったようだが、「勝つサンド」になったという説もあり、縁起を担いで次局も注文してほしいと思う。(←余計なお世話)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/11/10 07:30 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL