スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

渡辺まさかの頓死 - JT将棋日本シリーズ決勝 渡辺竜王vs羽生二冠

JT杯決勝、現地で観戦して来ました。

今期の決勝は、連覇を目指す羽生善治JT杯と、初めて決勝に進出した渡辺明竜王・王座の対戦。

今の将棋界を代表する両雄の対戦。解説の豊川孝弘七段は「僕が今一番見たい対戦カード」と言っていたが、会場のファンも同じ気持ちだったと思う。私もハイレベルな熱戦が観られることを期待して現地に向かった。

振り駒の結果、先手となったのは渡辺竜王。▲7六歩に2手目△8四歩で次の3手目が注目されたが▲6八銀から相矢倉戦となった。

▲4六銀・3七桂の定跡形から後手が△8五歩と伸ばす形。△8五桂がないのでこの場合先手は穴熊に囲う。最近では今年の名人戦第4局が本局と同じ進行。現代矢倉のテーマ図とも言うべき局面。両者ともに研究会等では数え切れないほど指しているだろう。

図から▲3五同角に△3四歩▲7九角△3五桂という進行が多いが、渡辺竜王は先に▲1五香と走る。

以下△2五桂▲1一香成△3七歩▲1八飛△1七歩で封じ手の局面。
封じ手では▲3五角もあったが、▲2八飛。▲2八飛△1六桂の交換を入れてから3五の銀を取った。飛車を取られるにしても桂馬を1枚使わせたほうが得と見たのだろう。飛車は取られたが端を破って先手好調。3筋に香車が打てるのも大きい。

対して後手は8六突き捨ててから飛車を打って反撃。しかし先手も1三の馬が受けによく利いている。
後手は△5六歩(86手目)~△5七銀で迫るが、先手からも▲5五桂がある。激しい攻め合いとなった。

図から竜王は▲4三桂成△同金▲2三馬。「王手は追う手」で玉を逃がしているようだが、▲3三香成がある。
「そうか、越谷、千住の先かぁ、▲3三香成がありますね」(豊川七段)金銀を拾って先手のほうが速そうだ。

待望の△5五角がようやく実現したが・・・

▲7九金打とガッチリ受けられて、後手の攻めが切れたと思った。
羽生さんの手が止まり、苦しそうな表情を見せる。1分×5回の考慮時間もついになくなる。
ここで羽生二冠は△7八桂成▲同金△6七金!

最後の考慮時間を使って指された渾身の勝負手△6七金。
この手を見て今度は渡辺竜王が頭を抱えた。そして間違えてしまう。

▲7一銀(111手目)が敗着となった。
2011112018400001 (1)
△8六飛と切られて、▲同歩に△7七角成▲同桂△7九銀以下先手玉が頓死。解説が加藤一二三先生だったら「ひゃー」と声を上げてたかもしれない。歩一枚しか余らないぴったりの詰み。

感想戦では触れられなかったが、▲7一銀では▲7五桂△同歩▲7四銀△同玉▲7五銀以下の即詰みもあったようだ。(Twitter上で教えていただきましたm(__)m)しかし、これを30秒で読み切るのは難しい。これが早指しの怖さですね。

感想戦で検討されたのは▲5七金と"と金"を払う手。△6八飛成があるが▲7八金と受けて、3四の馬が受けに利いているので先手優勢だった。

△6七金はまさに「羽生マジック」という感じで、最後は観ていて興奮した。
「歴史に残る一局となったかもしれない。一生忘れられない一局となりましたね、と言いながら明日には忘れてたりするんですが(会場笑)」(豊川七段)

劇的な幕切れで羽生JT杯が2連覇を達成。羽生二冠の凄味を間近で感じた一局だった。

羽生さん、JT杯2連覇おめでとうございます!!

※棋譜はJT将棋日本シリーズの公式サイトをご覧ください
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/11/21 20:30 ] JT杯将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL