スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12月2日 王将戦プレーオフ 棋王戦勝者組決勝

2日(金)は竜王戦の他に、王将戦プレーオフがあり、さらにモバイルでは棋王戦(勝者決勝、敗者復活)、棋聖戦(谷川山崎)の中継もあった。

棋王戦
棋王戦勝者決勝 ▲広瀬章人七段-△郷田真隆九段
将棋連盟モバイルで中継されていた棋王戦、勝てば挑戦者決定戦進出、敗れれば敗者復活に回る。先手の広瀬さんが十八番の四間飛車穴熊を採用。相穴熊戦となった。

上図、△9九角成から飛車を成られてしまう前に先手は何かしたい。ここで広瀬七段は▲6四歩△同歩▲5五歩。

▲6四歩は筋で同飛なら▲5五角~▲3四飛があるようだ。△6四同歩に5筋の歩を伸ばしていくのが広瀬流。先に桂馬は取られるが▲7二角~▲5四歩でと金を作る。ゆっくりしているようだけど、このと金攻めが間に合うんですねー。広瀬さんはこういった細かい手の作り方が上手いと思う。

以下、広瀬ブログの言葉を借りれば「先手大優勢」となったが、終盤形勢が逆転し後手の勝ち。苦しい局面での郷田九段の辛抱強い指し回しが印象に残った。

勝った郷田真隆九段は挑決進出を決めるとともに、通算700勝を達成した。おめでとうございます!
敗れた広瀬七段は糸谷哲郎五段との敗者復活戦に回る。

王将戦
王将戦は佐藤康光九段が前期挑戦者の豊島将之六段を破り挑戦者となった。

棋譜:第61期王将戦リーグ7回戦プレーオフ 佐藤康光九段-豊島将之六段

プレーオフの将棋は後手佐藤九段の一手損角換わりに先手の早繰り銀。最近この形は減っている(と思う)けれども、後手の勝率のほうが高いのもあるのだろうか?早繰り銀よりも棒銀が増えていると思う。

先手は3筋を抑えてから銀を引いてじっくり作戦勝ちを目指す。50手目付近は先手が良いと思ったが、歩切れなので意外と大変だったようだ。

65手目の▲8三歩成が敗着(▲8三銀が優った)で、△4六桂を食らって形勢逆転、後手の勝ちとなった。

佐藤康光九段はこれで2010年の棋王戦以来2年ぶりの番勝負登場。棋王を奪われた相手でもある、久保利明王将へのリベンジマッチとなる。佐藤久保戦は毎回激しく面白い将棋になる。どんな番勝負になるか今から楽しみだ。

===============
棋王戦も王将戦も若手の挑戦を予想したが、最後に残ったのは「羽生世代」の佐藤さん、郷田さん。(棋王戦はまだ決まってないが)
今年一年を振り返ってみると、森内さんが名人奪取、竜王戦は丸山さんが挑戦、羽生さんが王位奪取と「羽生世代」の活躍が目立った。まだまだこの世代の壁は厚いということになるのだろうか。


佐藤康光の一手損角換わり (佐藤康光の将棋シリーズ)佐藤康光の一手損角換わり (佐藤康光の将棋シリーズ)
(2010/08/25)
佐藤 康光

商品詳細を見る

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/04 21:47 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL