スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61回NHK杯3回戦 郷田vs広瀬

この2人は日本シリーズ、先週の棋王戦決勝に続いて、今年3度目の対戦。
前二局は相穴熊郷田真隆九段の勝ち。本局も広瀬章人七段の四間飛車からみたび相穴熊の将棋となった。

相穴熊の将棋は一方的な展開になりやすいし、個人的に埋め合い剥がし合いは好きではないのだが、この将棋は熱戦でとても面白かった。

先手は▲6六銀型。先後逆だが日本シリーズ(→棋譜)、棋王戦と類似の進行である。

中盤のポイントは46手目△6三銀と飛車交換を迫ったところ。この手を見て郷田九段は長考に沈む。飛車交換から2九の桂馬を取られる変化は自信が持てなかったか、郷田九段は▲5五歩と自重。しかし、いかにも利かされで、「取れないんじゃひどかった」(郷田)

その後5五の地点で交換になって先手が飛車を先着するが、解説の鈴木大介八段は5五の角の位置が良いので後手持ち。しかし先手の角を切っての食いつきも相当でギリギリの終盤戦となった。

問題の局面
広瀬郷田NHK001

ここで後手がどう指すか?
本譜の△7六歩は▲5五角が攻防の好位置。なので、△5五角と敵の打ちたいところに打つのが良さそうに見えるが、△5五角には▲5四角があるとのこと。8七の地点に利かしてこれまた攻防になっている。
ということで広瀬七段は△7六歩を選ぶ。

以下▲5五角△7九竜▲7二歩成で後手玉は必至、先手玉は詰むや詰まざるや。

感想戦で▲7二歩成では▲7九同銀と取る手が指摘されていた。△7七歩成は▲8一成香△同玉▲7二歩成(△同玉は▲8四桂、△同金左は▲6一龍)以下詰みのようである。

30秒将棋のなか、郷田九段は▲7二歩成で詰ましてみろと開き直った。△8八竜▲同玉△7七歩成以下王手の連続で迫ったが先手玉はわずかに詰まない。103手で郷田九段の逃げ切り勝ちとなった。

最後△9九銀(94手目)では△8九金(※追記)からの長手数の詰みがあったようである。
しかしこれを30秒将棋で詰ますのは至難の業だ。

非常に難解だったが、スリリングで見ごたえのある終盤戦だった。
しかし広瀬さんからすると得意の振り穴で郷田さんに3連敗というのはキツいだろう。羽生世代の壁はまだまだ厚い。


※▲8九同玉は△6七角 ▲7八金 △8八銀 ▲同 玉 △8七桂成 ▲同 玉 △7六金以下詰み。

▲7八玉と逃げるのは、△5六角で▲6七歩は △6九銀 ▲同 玉 △4七角成
▲5八飛 △6八銀 ▲同 玉 △5七銀 ▲同飛 △6九金が一例

△5六角に▲6七飛合が最強の受けでこれは詰まないかと思ったが、これも△同角成▲同玉△7八銀から詰みがあるようだ・・・
(→参照:2ch名人


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/11 23:01 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL