スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011印象に残る一手ベスト10(6位~10位)

年末ということで、今年のプロ将棋で印象に残った妙手・鬼手を紹介しながら1年を振り返ろうと思う。
色んな手があって正直選びきれなかった。今年を振り返るという主旨なので番勝負中心になりますがお付き合いください。

10位、3月18日 第36期棋王戦五番勝負第4局 ▲渡辺明△久保利明 106手 △7六玉

久保利明棋王が二冠防衛を決めた一局。図は7五の玉を7六に逃げたところ。この△7六玉が凌ぎの妙手でなんと"詰めろ逃れの詰めろ"になっている。つい8六に逃げてしまうところだけど。渡辺竜王優勢で迎えた終盤だったが最後に着地失敗。劇的な逆転でしたね。
「玉は最強の攻め駒」と言いたくなるような△7六玉だった。
棋譜リンク→第36期棋王戦 五番勝負 第4局 久保利明棋王 対 渡辺明竜王

9位、7月19日 第24期竜王戦決勝トーナメント ▲橋本崇載△久保利明 32手 △5三金
続いて久保二冠の快勝譜。今年も色々な新手を見せてくれた久保二冠だが、この将棋が一番印象に残っている。
久保橋本001
5二の金を6二に寄るのかなと思っていたら△5三金!と上がった。5五の歩を取らせる大胆な構想だ。これは思いつかない。
これで久保さんの挑戦だろうと思ったのだが、挑決で丸山九段に敗れその後失速してしまったのは残念だった。
関連記事:SHOGI DIARY 第24期竜王戦 久保利明二冠が挑戦者決定戦進出

8位、6月4日 JT将棋日本シリーズ1回戦 ▲深浦康市△佐藤康光 78手 △6五飛
深浦佐藤jt001
大震災のあった2011年。震災の影響で、仙台で開催予定だったJT杯1回戦の公開対局も将棋会館での対局(ネット中継あり)に変更となった。

後手の佐藤九段がゴキゲン中飛車を採用。後手が苦しいと言われていた中盤戦、佐藤九段が△6五同飛のタダ捨てで迫る。▲同銀なら△4七歩成で勝負するというもの。実戦は▲6六歩に△5五飛!と再度飛車の押し売り。一連の勝負手で後手が優勢となったが、そこから形勢は二転三転。終盤後手が一時は入玉したのだが、それを引き戻し最後は6七の地点で仕留めて深浦さんの勝ち。199手の大熱戦。名局でした。

米長会長の迷解説も対局を盛り上げた。下品なコメもあったけれど(苦笑)米長解説は好きだけれどもちょっとやり過ぎだったね。(今見ると中継のコメントは消されている)
棋譜はこちら→2011年度「プロ公式戦」一回戦第一局 | JT ウェブサイト

7位 7月15日 第24期竜王戦決勝トーナメント ▲山崎隆之△久保利明 37手 ▲3八角
山崎久保001-2
今年最も印象に残った自陣角ということでこの将棋を挙げたい。
図は後手が飛車交換を迫り先手がそれに応じたところ。バラバラの陣形なのに飛車交換しても良いの?と思っていたら▲3八角という手があった。飛車の打ち込みを防ぎつつ遠く後手玉をも睨んでいる。次に▲4六歩と突いて▲8五歩から玉頭を攻める狙いがある。これで後手が苦しい。
しかし、ここから山崎七段は勝機を逃し逆転負け。最後はこの角が全く働かない展開になってしまった。中盤以降の崩れ方は正直見てて辛かった。
自由奔放な山崎将棋は見てて楽しい。来年は結果のほうでも(具体的にはタイトル)ファンを喜ばせてほしい。
棋譜リンク→久保利明二冠 対 山崎隆之七段

番外編 12月5日 将棋倶楽部24 bonkras △8二角
自陣角つながりで、プロ将棋ではないがボンクラーズ(bonkras)の将棋を取り上げたい。今年の年末はボンクラーズの将棋倶楽部24参戦、最高R更新が話題を呼んだ。
下図での次の一手が凄かった。

なんと△8二角!狙いは△7四歩からのコビン攻めである。普通は△5五角だが▲3七角と合わせる手がある。いやー、この8二角は思いつかなかった。
実戦は▲1八玉と角筋を避けたが、△7四歩▲同歩△3六飛以下先手のミスもあって48手でボンクラの勝ち。
3筋に飛車を転換して、△8二角。人間でこんな構想を思いつくのは山崎七段か藤井九段ぐらいではないだろうか。
<関連リンク>2ch名人 : ボンクラーズの構想がヤバい!(棋譜と2ちゃんねるの反応をまとめた記事)

6位 2月20日 第60回NHK杯本戦準々決勝 ▲羽生善治△佐藤康光 ▲9六金
この将棋は覚えている人も多いだろう。
羽生佐藤96金001
NHK杯史上初の3連覇を達成した羽生さんの将棋から。解説の加藤一二三九段が興奮して叫んでたのも記憶に残っている。
実戦は▲9六金に△5二玉と早逃げしたが、△5六飛▲7八銀△9六香▲9七歩△7六桂(詰めろ)なら後手勝ち筋だったようだ。
次の一手問題で出されれば解けるかもしれないけど、30秒将棋でこういう手がよく指せるなぁと思います。
今期も既に3回戦進出を決めているが、4連覇なるかどうか。年明けのNHK杯も注目ですね。
関連記事:SHOGI DIARY 第60回NHK杯準々決勝 羽生善治vs佐藤康光 ▲9六金

5位~1位は次回更新

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/30 09:00 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL