スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011印象に残る一手ベスト10(5位~1位)

今年プロ将棋で印象に残った一手の後編。
6位~10位まではこちら

5位 3月2日 第69期A級順位戦9回戦 ▲高橋道雄△藤井猛 ▲1九歩△同馬▲2八歩
「一手」ではないけどこの三手一組は絶妙手。この一局は何度も並べ返しました。

▲1九歩△同馬に▲2八歩で二枚の角を無力化。歩の手筋が鮮やかに決まり先手勝勢となった。▲1九歩の直前は「先手優勢だけど後手も馬を自陣に引き付けてまだ粘れるか」という検討だったのだが、この三手を見て解説のプロ棋士も匙を投げてしまった。大駒二枚が盤の端っこでゴミのようになってしまったからね。終盤の寄せも見事で先手完勝。一局を通して高橋九段が冴えまくっていましたね。
高橋九段はA級最年長、50歳にして2期連続の勝ち越し。敗れた藤井九段は残念ながら降級となってしまった。

4位 6月25日 第82期棋聖戦五番勝負第2局 ▲深浦康市△羽生善治 180手 △5四角
羽生深浦の棋聖戦第2局の指し直し局。200手を超える大熱戦だった。途中からはわけの分からない将棋だった。羽生さんも終局後に「訳が分からなくなった」と言っていた。
habufuka002.jpg
図は後手が7六の角を5四角と引いたところ。この手が"詰めろ逃れの詰めろ"でピッタリ。5四の角が8一に利いていて後手玉はZ(絶対詰まない形)になっている。この手が決め手となって大勢が決したのだが、個人的には次の▲6五桂も強く印象に残っている。
なぜ、歩じゃないのか?後で調べてみると歩でも負けで桂馬は最善の粘りだったようだ。
新聞観戦記に書かれていたが直前の▲6一飛成で▲7二金ならば先手勝ちだった。深浦ファンとしては悔しい一局になった。
関連リンク:SHOGI DIARY 6月25日 第82期棋聖戦第2局 羽生vs深浦

3位、9月7日 第59期王座戦五番勝負第1局 ▲渡辺△羽生 71手 ▲2四歩
王座戦は渡辺竜王が19連覇中の羽生王座を破り初の二冠を達成した。
羽生王座渡辺1-001
その王座戦五番勝負で印象に残っているのが第1局の▲2四歩(71手目)。7六の銀を取られても攻めあいで先手勝ちという大局観。▲2四歩は急所だけれども、先に王手で銀を取られてしまうので盲点になりやすい手だと思う。その数手前の▲3五歩とセットで研究だったのだろう。
角換わりは先手後手両方持って勝っているのが竜王の凄いところである。
王座戦は3局とも熱戦だったけれども、1局目の勝利が大きかったと思う。渡辺先勝で「王座戦は羽生の土俵」という雰囲気がガラッと変わった。

2位 5月6日 第69期名人戦七番勝負第3局 ▲森内△羽生 73手 ▲4六飛成
下馬評を覆し森内さんが名人奪取した今年の名人戦。その中で特に印象に残っているのは第3局の▲4六飛成。
羽生森内3-001
図から▲4六飛成△3七角成に▲4二竜と時間差で竜を入る。後手は△2六馬の一手となるが、上図と比べると先手だけが一手指して、しかも手番を握っていることになる。単に4二に成るよりも得をしているのだ。手番を握って▲4九歩が決め手となった。マジックのような手順で思わず唸らされた。
名人戦では第2局の△5三金も印象に残っている。あの強い勝ち方を見ているだけに最近の不調(9連敗)は信じられない。早く復調して春の防衛戦に臨んでほしいと思う。

1位 11月20日 JT将棋日本シリーズ決勝 ▲渡辺△羽生、106手 △6七金
1位はこれです。現地で観戦したときの興奮が未だに忘れられない。

その一手前のところでは「そろそろ投げるんじゃない?」という声も周りから聞こえてきた。私も後手から迫るのは難しいかなと思ってたところ、△6七金が飛んできたのでぶったまげた。
30秒でこんな手指されたら竜王でも間違えてしまうよね。
歴史に残る劇的な逆転だと思う。詳細は以下の観戦記事を見てください。
SHOGI DIARY 渡辺まさかの頓死 - JT将棋日本シリーズ決勝 渡辺竜王vs羽生二冠 (11月21日)

渡辺さんが3連勝で王座奪取、覇者交代を印象付けた2011年だったけれども最後に勝ったのは羽生さんだった。やっぱり羽生さんは強かった!

今の将棋界を見ると羽生渡辺、この2人が抜けていると思う。来年はこの2人の対戦をもっともっと見たいですね。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/30 22:26 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL