スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイナビ女子オープン 清水、長谷川決勝進出

マイナビ女子オープン中継サイト

昨日は準決勝2局が行われ、清水市代女流六段と長谷川優貴女流初段が挑戦者決定戦に進出した。

斎田晴子女流五段-△長谷川優貴女流初段
2回戦で甲斐女流王位を破った新鋭、長谷川初段と振り飛車党の実力者斎田五段の対戦。両者振り飛車党ということで相振り飛車になった。
先手が勝ちそうだったが87手目▲3七同玉と取ったのが痛恨の失着。同桂ならば先手が逃げ切っていた。逆転で長谷川初段の勝ちとなった。
長谷川初段は女流プロになってまだ3ヶ月。予選の時点ではまだアマチュアだったわけで、凄い。
奨励会員(加藤さん)のタイトル獲得よりもこちらのほうが驚きですね。

清水市代女流六段-△里見香奈女流三冠
他の2人には申し訳ないが、「事実上の挑戦者決定戦」と言ってもいいこのカード。
過去の対戦成績は里見の12勝8敗。タイトル戦では里見さんが圧倒しているが、それ以外では清水さんのほうが勝ち越している。
最近では昨年の女流王位戦の挑決で清水さんが勝って挑戦者となった。

後手の里見さんが四間飛車で、先手の清水さんが左美濃→端玉銀冠の対抗形となった。
四間飛車対左美濃は「藤井システム」(対左美濃の)で来られると四枚美濃に組めないことが多い。そこで先手は▲6八銀~▲6六歩~▲7七銀と工夫して四枚銀冠を目指す。

組みあがったところ(41手目)では個人的には居飛車を持ってみたい。金銀四枚の銀冠に組めて、後手に△2二飛と回らせて不満がない。ここまで組めないことも多いので。

△9二香(52手目)と上がって△2一飛~△9一飛を目指した里見さんだが、結果的にはこの香車が中途半端になってしまった。

終盤、先手が玉頭から猛攻を仕掛ける。先手は大駒を全て取られたが金銀7枚持っているのが大きく攻めが途切れない。「堅い、攻めてる、切れない」で四枚銀冠の必勝形になった。

里見清水マイナビ001
137手で清水さんの完勝。この勝ち方は強い!

これで清水さんは今年度成績が32勝9敗。年間対局数も最多記録を更新しそうな勢いだ。
タイトル戦では里見、甲斐、加藤といった若手に敗れ続けている清水さんだが、タイトル戦以外では他を圧倒している。負けても負けてもすぐ立ち上がるその不屈の精神は素晴らしいと思う。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/12 21:56 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL