スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1月14日 電王戦vsボンクラーズ 米長永世棋聖敗れる

本日行われた米長邦雄永世棋聖対ボンクラーズの電王戦は113手でボンクラーズの勝ちとなりました。

後手の米長永世棋聖が取った作戦は2手目△6二玉。プレマッチに続いて対コンピュータに有力と言われている作戦を採用。駒落ち上手のように指し、入玉含みで抑え込む方針で戦いました。

昼食休憩の時点(上図)では後手陣が手厚く有利とみられていました。
ここから米長永世棋聖は△7二玉→△8三玉!と飛車の上に王様を移動して入玉を狙いにいきます。先手はやることがなく飛車の移動を繰り返し千日手模様となりました。

▲5七角(77手目)と引いた手に△3四歩と角道を開けましたが▲6六歩△同歩▲同角から先手に争点を与えてしまいました。

わずかな隙を突いて先手ボンクラーズが逆転。いったん手がつくと玉飛接近の後手陣はひとたまりもないですね。

最後は大差となってしまいました。Twitterで強い人がおっしゃっていましたがこういう将棋は「完勝か完敗しかない」ですよね。勿論米長さんもそうなることは分かって採用したのでしょう。途中までは上手く指していただけに残念です。

今回は人間側が引退棋士の米長さんだったので、将棋ソフトがどれくらいの実力なのかが正直分かりませんでした。
第2回電王戦では船江恒平四段ら現役の棋士が登場するので、そのあたりもはっきりと分かるようになるのでしょうね。個人的にはとっとと第2回をやって欲しいのですが、早くても1年後のようです。

早く第2回が見たい!

最後に、棋譜を置いておきますね。(要adobe flash player)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/14 20:00 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL