スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61回NHK杯3回戦 羽生vs阿久津

名門・八王子将棋クラブ出身の先輩後輩対決。過去の対戦成績は羽生善治二冠の8勝1敗。この2人は数年前に朝日オープンの番勝負でぶつかったことがある。阿久津七段の1勝はそのときのもの。

阿久津七段のゴキゲン中飛車に先手が超速3七銀の対抗形となった。後手が△4四銀型なので相穴熊になるかと思ったが先手は二枚銀を選ぶ。

後手は美濃囲いでなく△7二金・△6二銀の金美濃。△7二金を最初に指したのは確か藤井九段だっただろうか?このほうが5三の地点をカバーして中央に厚い。

桂交換から△6五銀。この銀が玉頭に圧力をかけてうるさい。
そして△7七桂!(46手目)と派手な手が飛び出した。解説の森下九段が「やらないだろう」と言っていた手だ

羽生阿久津NHK001
▲同桂には△5五飛と銀を取れる。これで先手困ったかと思ったが▲2六飛と浮いて(銀取り)、▲4七桂の自陣桂が好手で簡単には決まらない。後手は△7七銀成~△6五桂から突撃していったが攻めを切らされてしまった。

▲7八歩(67手目)で後手の銀が詰んでしまい駒損が酷い。先手勝勢となった。

そこから後手も必死に手を作って粘ったが届かなかった。137手で羽生二冠の勝ち。
羽生さんの横綱相撲と言っていい内容だった。本音を言えばもう少し熱戦を期待したのだが、途中で大差となってしまった。
△7七桂は意表を突いた手だったけれどもちょっと無理だったのかもしれない。

才能は続けられること (100年インタビュー)才能は続けられること (100年インタビュー)
(2012/01/25)
羽生 善治

商品詳細を見る

↑また羽生さんの本が出るみたいです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/23 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(2)
拝見しました。分かりやすくて読みやすいですね
Twitterから流れてきました。最近フォローしました。ブログ面白いですね。これからもちょくちょく拝見します。よろしくお願いします。
[ 2012/01/23 07:49 ] [ 編集 ]
Re: 拝見しました。分かりやすくて読みやすいですね
Twitterでのフォローありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

> Twitterから流れてきました。最近フォローしました。ブログ面白いですね。これからもちょくちょく拝見します。よろしくお願いします。
[ 2012/01/23 08:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL