スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まさかの逆転劇 第61期王将戦第2局 久保vs佐藤

まさかの逆転だった。
▲6三竜のあたりまでは中継を確認していたのだが、終局のところは観戦できなかった。
あれを佐藤九段が勝つとは思わず、終局後に結果を見てビックリしましたw
リアルタイムで盛り上がりたかった!

====================
棋譜→第61期王将戦七番勝負第2局 ▲久保-△佐藤

第2局、久保利明王将の先手石田流に対して佐藤九段が選んだ作戦は4手目△3五歩からの相三間飛車だった。

石田流対策は、4手目△4二玉から飛車先を保留し銀冠に組む指し方が最近では多いと思う。有名なところでは昨年の竜王戦挑戦者決定戦第3局の久保丸山戦がある。この形の後手の勝率は高いのだが、やや守勢になる。攻めの棋風の佐藤九段は石田流対策でも序盤から激しい戦いに持ち込むことが多い。本局は相振りだが、より積極的に動いていくという意味で△3五歩を採用されたのだと思う。

しかし、封じ手の局面は後手の佐藤九段が作戦負け。久保王将の▲7四歩(15手目)~▲7六飛(19手目)が機敏で後手は矢倉に組めなくなった。7三の銀を△8二銀と引いて辛抱し、8五桂跳ねには△7二歩(本当は△7二金と上がりたい)とまた辛抱。それでも久保さんは上手くいっているとは思ってなかったようだ。

角交換から馬を作りあう展開になったが、馬の働きも先手が良い。飛車も成り込んで先手がはっきり優勢となった。後手は金を寄って防衛線を築くが、▲2四香からの強襲で突破されてしまう。

それでも玉の早逃げから中段玉で踏ん張るのは佐藤九段らしい。第1局の▲5七玉もそうだったが、力強い玉捌きが佐藤将棋の特徴でもある。しかし、久保さんの▲6三竜(81手目)が5二への逃げ道を防ぐ好手。着実に包囲網を築かれてしまう。これでダメかと思ったが、ここから佐藤九段が猛烈な追い上げを見せる。


まず継ぎ桂から入って、△6九成香!(92手目)が妖しい勝負手。これは取りにくい。そして△6八成香~△6九角でついに先手玉に詰めろがかかる。対して、後手のラピュタ玉は意外に寄らなかった。

▲3六香(101手目)では▲3六銀で先手勝ちだったようである。
終盤の大逆転:王将戦中継ブログ - 毎日jp(毎日新聞)


しかし、これはもう指運としか言いようがない。それよりも佐藤九段の凌ぎ、寄せが見事だった。今日は佐藤さんが強すぎた。

PC中継の100手目、青葉記者のコメントに同感。
これが人間同士の将棋だ。だから面白い。

この言葉に尽きると思う。

意地の張り合いのような序盤戦、中盤のジリジリとした駆け引き、そして終盤の勝負術、いずれも人間同士ならではの面白い将棋だった。いくらコンピュータが強いからと言って、こんなアツい将棋を見せることができるだろうか?

それにしても、久保さんは惜しい将棋を落としてしまった。来週には順位戦のラス前があり、そして棋王戦も始まる。ここから果たして立ち直れるのだろうか。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/28 18:44 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL