スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第61期王将戦第3局 佐藤九段3連勝

棋譜→第61期王将戦七番勝負第3局 ▲佐藤-△久保

佐藤康光九段の2連勝で迎えた第3局。

久保王将のゴキゲン中飛車に佐藤九段が今流行りの超速3七銀で対抗した。「超速」に対して後手の対策も色々あるが本局は△4四銀型。この場合先手も持久戦にして相穴熊になることが多いのだが、佐藤九段は▲6八銀から二枚銀を選ぶ。

▲1六歩を保留して先に▲9六歩と間合いを計ったところが序盤のポイント。それをみて久保二冠は△5六歩(30手目)といきなり仕掛ける。△1五角があるのでそれに期待しての仕掛けだったが、逆に先手に押さえ込まれてしまった。

封じ手の局面では既に後手が苦しく、△5六桂(46手目)は勝負にいった手だと思う。だが、▲4五銀打(49手目)~▲6五銀上で桂損が確定。


天空に輝く三枚の銀で盤面を制圧。佐藤優勢がはっきりとした。それにしてもこの三枚の銀は美しい。やはり佐藤康光は魅せてくれる。

以下後手も細い攻めで先手玉になんとか迫ろうとしたが足らなかった。95手で佐藤九段の圧勝。

後手がどこで悪くなったかはよく分からないが、△5六歩からの仕掛けがちょっと無理だったのかもしれない。無理筋だったのかもしれないが、こう完璧に抑えこむというのはなかなか見られるものではない。佐藤九段が強すぎたということだろう。

第1局の▲5七玉に始まり、第2局は中段玉で逆転勝ち、そして本局は三枚の銀で抑えこみ3連勝。今回は佐藤ワールド全開のシリーズとなっている。薄い玉形を苦にしないのが佐藤将棋の特徴だが、3局ともその持ち味が出ている。

一方で久保二冠はA級と棋王戦で勝って復調の兆しを見せていたが、良いところなく敗れ後がなくなった。本局もそうだが、ゴキ中で「超速」に苦しんでいる印象がある。また新たな課題を突きつけられ苦悩の日々が続きそうだ。


マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破りマイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破り
(2011/09/21)
中村 太地

商品詳細を見る

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/02/18 21:42 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL