スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

A級順位戦最終戦 羽生全勝 久保丸山降級

名人戦棋譜速報
A級順位戦最終戦、今年は例年よりも早い段階で決着した将棋が多かったように思う。それでも意欲的な構想を見せた将棋が多く面白かった。そして残留争いは今年も厳しい結末が待っていた。

一局ずつ簡単に感想を書いておきます。

佐藤康光九段(4勝5敗)●-○渡辺 明竜王(7勝2敗)
2年ぶりにこの舞台に帰ってきた佐藤九段が開始早々やってくれた。▲4八玉と囲うのが自然だが、佐藤が指した手は▲4八金!

またしても「変態流」である。▲4八金の意味は難しいが、直接的には玉を囲うのをけん制しているのだろう。

しかし、本局は渡辺竜王の対応が的確だった。自然な手を続けてリードを広げる。対して金銀分裂の先手陣はまとめるのが難しかった。100手で渡辺竜王の完勝。勝敗に関わらず2位が確定していた竜王だが、5連敗中の難敵を下したのは大きい。来期こそは名人挑戦してほしい。

三浦弘行八段(5勝4敗)○-●屋敷伸之九段(5勝4敗)
屋敷三浦戦は横歩取り。後手の屋敷が△5二玉型から△5四飛の新手を出した。三浦の対応が的確で終始先手ペースだったようだ。最後は三浦八段の鋭い寄せが炸裂し快勝。勝ち越しだけでなく来期3位の好順位を手に入れた。屋敷九段は敗れたが5勝4敗は立派な成績だと思う。

羽生善治二冠(9勝0敗)○-●郷田真隆九段(4勝5敗)
史上3人目のA級全勝をかけた羽生二冠は郷田九段と対戦した。▲7六歩△8四歩▲2六歩からノーマル角換わりになるかと思ったが、まさかの一手損。郷田九段は一手損角換わりを嫌い、今まで公式戦で指したことがなかった。その郷田さんが一手損というのは個人的にはちょっとショックだった笑

▲早繰り銀対△腰掛け銀で後手が6筋の位を取る形。羽生二冠は後手の動きを丁寧に面倒を見てポイントを積み重ねる。今期の羽生さんはこういう戦い方が多い。

真綿で首を絞めるような指し回しで後手の攻めを完封。羽生二冠の圧勝だった。強すぎてなんか怖い・・・

高橋道雄九段(2勝7敗)○-●谷川浩司九段(5勝4敗)
負けると即降級の高橋九段は長年のライバル谷川九段と対戦。
先手の高橋が横歩を取らず▲2八飛と引く将棋。この形は最近高橋九段が先手番のときに連採している。先月16日にモバイルで中継されていた王位リーグの将棋(村山五段戦)もこの形で高橋九段が勝っている。本局はその将棋をベースとして戦われた。
先手が竜を作ったあたりは、勝勢に近いと言われていたが後手の猛追で際どい終盤戦に。しかし、▲7三歩があって先手が残していた。


終局は23時42分。最後あそこで潔く投げるのが谷川九段らしい。久保丸山戦がまだ終わっていなかったため、勝った高橋九段は結果待ちとなった。

丸山忠久九段(2勝7敗)○-●久保利明二冠(2勝7敗)
昨年の竜王戦挑戦者決定戦を戦った2人が残留をかけて戦うことになるとは・・・改めてA級の厳しさを痛感させられる。
戦型は久保のゴキゲン中飛車に丸山の「超速」。銀対抗形から相穴熊になった。早々に2筋を突き捨てて金を寄ったのが丸山の研究手。この仕掛けで先手がペースを握った。

後手は5筋と6筋の拠点を生かして迫ったが、丸山の的確な受けの前に切らされてしまう。
優勢になってからも勝ちを焦らないのが激辛流。自陣に馬を引き付けて絶対に負けない形を作った。丸山さんらしい勝ち方だった。

午前1時14分終局。勝った丸山九段に笑顔は無かった。

両者無表情で淡々と駒を動かす感想戦。血の気が抜けたような顔が激戦を物語っていた。

===================

A級順位戦の最終成績は以下のとおり
【9勝0敗】羽生(挑戦)
【7勝2敗】渡辺
【5勝4敗】三浦、谷川、屋敷
【4勝5敗】郷田、佐藤康
【2勝7敗】高橋、丸山(降級)、久保(降級)

羽生二冠が中原(26期)、森内(62期)以来の全勝で名人挑戦。降級は丸山九段と久保二冠で、B1からは深浦九段と橋本八段が上がってくる。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/03 23:28 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(2)
丸山九段は勝ったにもかかわらず降級。
感想戦中はどういう心境で、また、いつ降級を知ったのだろうか。
見ていてつらい感想戦でした。
[ 2012/03/04 09:18 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
私も見ていて辛かったです。
毎日の記事によると、丸山九段は結果を聞かずに将棋会館を後にしたそうですね。
誰も教えられなかったでしょうね。
http://mainichi.jp/enta/shougi/news/20120304ddm013040024000c.html
> 丸山九段は勝ったにもかかわらず降級。
> 感想戦中はどういう心境で、また、いつ降級を知ったのだろうか。
> 見ていてつらい感想戦でした。
[ 2012/03/04 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL