スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

順位戦C級2組最終戦 史上初の全勝3人

対戦表(名人戦棋譜速報)

C2最終戦、全勝の中村太地五段と船江恒平四段がともに勝って昇級を決めた。
既に昇級を決めていた阿部健治郎五段もあわせて3人が10戦全勝!これは史上初の出来事。

菅井竜也五段は6位の9勝1敗で昇級ならず。3回戦の船江戦、直接対決で敗れたのが痛かった。あのときは1敗でも順位が良いので大丈夫だと思っていたが・・・

ちなみにC2で9勝1敗が上がれなかったのは54期の大島映二以来となる。
参考:"9勝1敗で昇級できなかった不運な棋士"(「順位戦データベース」さんより)
C1では50期に今回のようなケースがあった。(10戦全勝の森内、村山聖が昇級し、9勝1敗の井上が昇級できなかった)

昇級した3人はいずれも力があり、来期C1でも昇級争いに絡む活躍を見せてくれると思う。

降級点は伊奈、中座、長岡、岡崎、上野、島本、川上、室岡の8人。30代の棋士も何人かいて厳しさを感じますね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/07 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL