スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

棋王戦第4局 郷田棋王奪取

棋譜→第37期棋王戦五番勝負 第4局 久保利明棋王 対 郷田真隆九段

棋王戦第4局は郷田真隆九段が勝ち、3勝1敗で棋王を奪取。2001年に棋聖獲得して以来実に11年ぶりのタイトル獲得となった。敗れた久保さんは王将位に続いて棋王も失い3年ぶりの無冠。A級二冠から一気にB1九段となってしまった。去年の夏ごろには四冠もあると言われていたが、王座、竜王で挑戦を逃し、A級からも降級。勝負の世界は厳しい。

===================

第4局は久保棋王の先手で石田流。先手番での頼れるエースに命運を託した。対して郷田九段は最強の4手目△8四歩から飛車先を突き越す。
7手目▲7六飛の「菅井流」から升田式石田流の将棋になった。▲8六歩に△7一金も定跡で先手の捌きに備えている。この形はNHK杯で2度千日手になった永瀬佐藤戦を思い出す。

中盤△5二銀(46手目)と引いた手が印象に残った。玉を固めつつ角の逃げ場を作って味が良い。先手は6四の歩が取れそうだが端攻めがある。

△8一飛(52手目)も辛抱強い。そこで久保棋王は▲9二歩と打ったが、△8五桂に9一の香車を取らずに▲同桂は変調だったか。一気に形勢が郷田に傾いた。最近の久保棋王の不調ぶりを象徴するような崩れ方だった。

===============

将棋世界4月号』の「棋士が聞くプロ対談」で、郷田さんについて豊川七段がこんなことを言っていた。羽生屋敷に比べたら郷田の才能は大したことがない、でも彼の努力はものすごい。40歳を過ぎても怖いくらい将棋に浸りきって、今でも進化している。これからまた伝説を残すだろう、と。

今回の結果はまさに努力の賜物だと思う。豊川七段の予言通り、郷田さんはまだまだ進化し続けるだろう。

今回の棋王獲得でタイトルは4期。本来ならもっとタイトルを獲っていてもおかしくないと思う。この勢いで悲願の名人獲得も達成してほしいですね。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/18 08:55 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL