スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大混戦の王位リーグ

第53期王位戦(対戦表)
53期王位戦の挑戦者決定リーグは現在3回戦が進行中。

最近のタイトル戦はいわゆる「羽生世代」の活躍が目立っているが、棋聖戦と王位戦では若手が出てくると思う。特に王位戦はそうなりそうな雰囲気がある。現在挑決リーグに残っている「羽生世代」は藤井、丸山の2人のみ。両者ともに順位戦で降級しており調子は良くない。

紅組は中村修九段以外は20代。若手強豪が勢揃いで白組よりも激戦区という印象がある。一昨日、戸辺六段が船江五段に敗れ、早くも全勝が消えた。普通に考えれば渡辺明竜王が本命だがここに来て連敗中(NHK杯決勝、棋聖戦vs深浦、王位リーグvs戸辺)。調子を落としているので他の棋士にも十分チャンスはある。中村九段以外は誰が勝ち上がってもおかしくない。

リーグ初参加の船江恒平五段もこのメンツの中では厳しいと思ったが、ここまで2勝1敗と健闘している。
金曜日のvs戸辺戦は終盤の面白い将棋だった。ゴキ中対超速で船江五段のほうがずっと良かったと思うが、終盤馬を取らずに"▲5二と"と強く踏み込んで勝ち。この切れ味鋭い終盤力が船江五段の持ち味だ。
1回戦の広瀬七段戦でも入玉模様の難解な終盤戦を制して勝ち。この将棋も面白かった。

このまま勢いに乗って挑戦まであるかもしれない。ラストの渡辺竜王戦がとても楽しみだ。

一方、白組は藤井猛九段と牧野光則四段が2連勝。リーグ開幕前は丸山、村山のどちらかが来ると思ったが村山五段は2連敗スタートで脱落。丸山九段も調子は今ひとつなので、藤井九段の挑決進出は十分あるだろう。しかし挑決で紅組の勝者に勝つのは厳しいか。個人的に羽生藤井の番勝負は見たいので頑張ってほしいですが。

もう1人全勝の牧野四段にも頑張ってほしいが、残り3局藤井、丸山、村山に勝ち越すのは難しいと思う。
残りの相手を見ると藤井九段が有利に思えるが、果たしてどうなるだろうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/25 07:30 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL