スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第23期女流王位戦挑戦者決定戦 里見vs清水

棋譜→第23期女流王位戦挑戦者決定戦 里見香奈女流三冠 対 清水市代女流六段

四冠を狙う里見香奈と2年連続の挑戦を目指す清水市代の対戦。この2人が対戦するのは今年度9局目となる。

過去の対戦成績は里見の15勝10敗。タイトル戦では里見が圧倒しているが、意外にも番勝負以外では清水が全勝。
参考:清水市代対里見香奈(棋士別成績一覧)
最近では昨年の女流王位戦の挑決、今年のマイナビの準決勝で清水が勝って里見のタイトル挑戦を阻んでいる。

戦型は先手の升田流向かい飛車。4筋に位を取って木村美濃に組み替えるのが里見の構想だった。対して後手は△7三桂から急戦を仕掛ける。自陣角を打って先手の飛車のコビンを攻める。単調なようでこの攻めが煩かった。


△9五桂(46手目)はそっぽなので指しにくい手だが、意外と受けが難しい。受けてもキリがないとみた里見は▲2五桂から攻め合いを選ぶ。後手は桂損だが飛車先を突破。一方先手は9六の金が遊んでいる。このあたりは形勢は難しいが居飛車を持ってみたい。


局面は進んで終盤、△4一玉の早逃げに▲1三歩成が大胆かつ冷静な一着だった。ここで後手からの寄せがありそうだが先手玉は上部が厚く意外と寄らない。▲2三と~▲2四とで入玉ロードが開けてきた。
以下、先手の入玉が確定して形勢がはっきりした・・・と思ったがここからが長かった。

▲5五歩(131手目)では▲7三桂で先手が明快に勝ちだった。▲7三桂は次の一手で出てくるような手で△同歩でも△同銀でも左右挟撃が決まる。しかし、里見は▲7三桂を逃してしまう。以下相入玉まであるという泥仕合になった。

後手は必死の防戦で入玉を目指す。
この不屈の粘りこそが清水市代の真骨頂だ。今まで何人もの女流棋士がこの粘りに間違え逆転負けを食らった。本局も先手が里見さんでなかったら入玉を許していたかもしれない。

213手で辛くも逃げきり里見の勝ち。これまでタイトル戦以外では清水さん相手に全敗だった里見さんだが、ようやくその壁を乗り越えることができた。一方で清水さんは19期連続で女流王位戦に登場していたが、その記録が途絶えてしまった。

甲斐智美女流王位との五番勝負は4月26日に開幕する。里見の4冠達成なるか、それとも甲斐が意地をみせるか。甲斐vs里見のタイトル戦は初めてなのでどういう戦いが見られるか楽しみだ。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/27 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL