スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第62回NHK杯1回戦第1局 大石vs稲葉

NHK杯テレビ将棋トーナメント|NHK囲碁と将棋
62回NHK杯が始まった。開幕戦は大石直嗣四段と稲葉陽五段の関西若手対決。稲葉五段は棋聖戦の挑決に進出したこともある実力者だが、NHK杯は意外にも初出場となる。予選では前々回準優勝の糸谷六段を倒している。

解説は大石の兄弟子の山崎隆之七段。羽生さんの名誉NHK杯について聞かれて「私たち他の棋士がだらしない」と言っていたのが印象的。そうだよね。羽生さんの記録は確かに凄いけれども、他の棋士がもっと頑張らないといけないと思う。今期山崎は羽生と対戦する可能性があるので、打倒羽生、そして2度目の優勝目指して頑張ってほしい。

将棋は大石四段が先手で横歩取り。8五飛封じの(旧)山崎流に後手が8四に飛車を引く形となった。△8四飛に▲8七歩を打つのが定跡だが、大石は歩を打たずに▲2八銀と上がる。これは新手かと思ったが、手元のデータベースで調べると一局だけ前例が見つかった。(68期C2順位戦▲児玉△金井戦)「児玉流」だったか。名局賞特別賞を受賞した将棋でしたね。この銀を前進させて3筋を攻めるのが先手の構想。

先手が6六に角を据えてシンプルに3三の地点を狙ったのに対して後手は△5二玉(36手目)の早逃げ。堅いだけでなく左右に広く逃げられるのが中原囲いの強みだ。この△5二玉で先手の3筋攻めが空振り気味になってしまった。
△6五桂に▲4六銀(43手目)と引くようでは作戦失敗だと思う。先手だけ角を手放して、右桂も使えてない。歩越しの攻めは無理があったか。
大石稲葉001

△8六歩(46手目)の合わせに、大石は▲同歩ではなく▲3三角成と突撃!
二枚換えで駒得になるが△8七歩成~△7八とが「必至に近い詰めろ」(山崎七段)で後手の攻め合い勝ちになりそうだ。このとき後手は予め玉を5二に逃げているのが大きい。もし玉が4一ならば▲3三飛成が詰めろ(▲4三竜~▲3三桂)なので一回受けなければならない。
大石稲葉002

▲7九金(55手目)に竜を逃げずに△7七角が好手。この手が竜当たりにもなっていてピッタリだった。対して大石は▲4四桂と捨てて粘ってみせたが、馬が手厚く後手勝勢。

以下、着実な手を続けた稲葉五段の勝ち。△7七角は稲葉さんらしい切れ味鋭い決め手だった。相手が強くなればなるほど力を発揮するタイプなので2回戦の丸山九段戦も期待できると思う。

マイナビ将棋BOOKS 横歩取り必勝ガイドマイナビ将棋BOOKS 横歩取り必勝ガイド
(2012/02/22)
稲葉 陽

商品詳細を見る

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/04/09 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL