スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王座戦挑決トーナメント 羽生二冠vs戸辺六段

16日(月)に携帯中継された王座戦の羽生善治vs戸辺誠戦を振り返ってみる。

戸辺六段のゴキゲン中飛車に羽生二冠の「超速」。菅井流△4四歩に先手が「羽生新手」▲7八銀で対抗する形となった。「羽生新手」の初出は朝日杯の羽生菅井戦で羽生二冠の快勝。その後棋王戦第3局の郷田久保戦でも指され、こちらも「超速」の勝ち。菅井流に対しては「羽生新手」が決定版になるか・・・と思ったが、意外にも直近の将棋は菅井流が3連勝中とのこと。まだまだ難しい所が多く、簡単には結論は出ないようだ。

羽生戸辺王座001

さて、43手目の局面を見てほしい。
▲2八歩に▲5八歩と先手が利かされ続けている。△6五歩に▲7七銀と引かされて角の働きも良くない。この局面先手を持ちたいという人は少ないだろう。

しかし、この将棋勝ったのは先手の羽生二冠。これで指せるとみた羽生さんの大局観が凄かった。ここから後手は穴熊に潜ったが端攻め一発で潰されてしまった。

この将棋を見て思ったのは超速が強いというよりも、超速を指している棋士が強いから勝っているのだということ。身も蓋もない話になるけれども。佐藤流▲5七玉もそうだが、本譜の羽生二冠の構想にしても簡単には真似出来ない。「超速」がゴキ中を苦しめているのは確かだが、最後は個々の棋士の力で決まるのだろう。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/04/19 07:30 ] 王座戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL