スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第53期王位リーグ最終戦

若手の活躍が目立った今年の王位戦。特に初参加の船江、牧野は最後まで優勝争いに絡んでリーグを盛り上げた。しかし、最後に抜け出したのは渡辺明と藤井猛。いずれもタイトル戦常連同士の挑戦者決定戦となった。

===================

白組5回戦 △藤井猛九段 対 ▲牧野光則四段盤面

最近は角交換振り飛車を採用することが多かった藤井九段が後手番で角道を止める四間飛車。この大一番に藤井システムを投入してきた。

対して牧野四段の作戦は右銀急戦だが、早めに▲5五歩と位を取る趣向をみせた。▲5五歩は角道を止めて振り飛車の△4五歩からの捌きを抑える意味がある。
5筋を除けば部分的には定跡だが、5筋がどう影響するか、というところ。先手は▲5四歩を絡めながら攻めていくが、当然これは取ってくれない。


△4三銀(42手目)には▲2三歩(△同飛に▲3二角の筋)と打ってみたかったが、それは△4四銀と飛車を取られて振り飛車が良くなるようだ。牧野四段は▲4五飛と引いたが、△2七角から5四に馬を作る手が絶品の味。以下は振り飛車優勢となり、84手で藤井九段の中押し勝ち。四間飛車のお手本となるような見事な指し回しでした。

紅組5回戦 △渡辺明竜王 対 ▲船江恒平五段盤面

後手の渡辺竜王が2手目△8四歩から角換わり腰掛け銀を受けて立った。渡辺竜王は6五の位を取る形を多く採用しているが、3月の棋聖戦で深浦九段相手に▲7五歩から新構想を出されて敗れている。その▲7五歩を公式戦で最初に指したのは船江五段なので(「船江新手」)、その将棋を期待したが船江さんが▲6六歩と突いて位取りにはならなかった。竜王は早めに△4四歩突いたので位取りにはしないつもりだったのかもしれない。

本譜は△7三桂保留型で先手が▲2五歩を突く定跡形。55手目までは前例があり、(C1順位戦、▲稲葉△豊島)その将棋は先手が勝ったが、本譜は渡辺竜王が△7五歩の新手を出す。この大一番で秘策を用意してきた。


対して先手は7五歩を取らず攻め合いを選ぶ。6六角の睨みでコビン攻め。歩頭に4五桂跳ねはこれで決まれば気持ちが良いが、駒損の細い攻めなので後手も受けやすかったようだ。

一直線の攻め合いの結果は後手勝ち。先手は▲5二銀から▲4一銀と迫ったが△6五桂が決め手。最後は一手勝ちをきっちり読み切って渡辺竜王の快勝となった。

深浦(棋聖戦)、戸辺(王位戦)に連敗したときには不調期に入ったかと思ったがその後見事に立ち直って3連勝。紅組は若手強豪が多く厳しいリーグだったが、最後は貫禄の違いを見せつけた。

===============

渡辺vs藤井の挑決は普通に考えれば渡辺竜王が有利だろう。戦型は牧野戦で見せた藤井システムはなく、角交換振り飛車になると思う。藤井九段の復活は嬉しいが、個人的には羽生渡辺の最高峰対決が見たいので、渡辺竜王にはあと1つ気を引き締めて頑張ってほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/12 08:37 ] 王位戦 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【挑決は渡辺vs藤井 第53期王位リーグ最終戦】
若手の活躍が目立った今年の王位戦。特に初参加の船江恒平、牧野光則は最後まで優勝争いに絡んでリーグを盛り上げた。しかし、最後に抜け出したのは渡辺明と藤井猛。いずれもタイトル戦常連同士の挑戦者決定戦となった。===================白組5回戦?...
[2012/05/18 14:33] まとめwoネタ速neo