スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カロリーナが初戦突破/第2期女流王座戦一次予選

"第2期リコー杯女流王座戦1次予選海外招待選手にカロリーナ・ステチェンスカさんが出場"(日本将棋連盟)
"ポーランド人女子大生、女流プロから勝利 漫画読み興味"(朝日新聞デジタル)

インターネット将棋対戦サイトの81dojoに強いポーランド人(しかも女子大生)がいるということで以前からtwitterの将棋クラスタの間では話題になっていたが、観戦する機会もなかったので実際どれくらいの強さなのか分からなかった。しかし、この将棋を見ると本当に強い!女流プロ相手に序盤からリードを奪い、終盤も力負けしなかった。流石にタイトル経験者の千葉さんには勝てなかったが、力を存分に発揮した。

高群佐知子女流三段との将棋は先手カロリーナの三間飛車。▲7六歩△8四歩に▲7五歩がプロでは珍しく、力戦調の出だしとなった。
棋譜→ 高群佐知子女流三段 対 カロリーナ・ステチェンスカアマ

中盤、カロリーナが軽快な捌きでリードを奪う。▲6三歩(49手目)が軽妙手。△7四歩には再び▲4六角と出る。このあたりカロリーナの手の作り方が巧い。以下互いに飛車を取り合う激しい展開となったが7三の金取りが残って先手が優勢となった。


そこから先手が勝勢というところまでリードを広げたが、高群さんも簡単には土俵を割らない。

クライマックスは111手目~113手目。▲7八角に△3四桂(112手目)が"詰めろ逃れの詰めろ"で後手が凌いだかと思ったがそこで▲3二竜の切り返しがあった。この詰めろの掛け合いは見てて興奮した。

最後は▲6一銀から見事な即詰みに討ち取ってカロリーナの勝ち。159手の大熱戦。高群さんの粘りも見事で良い将棋でした。

===============

カロリーナさんが将棋を始めたのは4年前。きっかけは日本の漫画「NARUTO」だった。作品の中に登場人物が先生に将棋で勝つシーンがあって興味を持ったそうで、そこからネットで調べるうちに将棋にハマったようだ。
将棋を始めてわずか4年でここまで強くなったのは素晴らしい。海外にいても将棋は強くなれることを示してくれたと思う。

カロリーナは来月2日に行われるマイナビ女子オープンのチャレンジマッチにも出るとのこと。日本で実戦経験を積んでますます強くなるんでしょうね。今後が楽しみです。

こちらの記事もオススメ↓
"【世界人間模様】ネットで学び 夢はプロ棋士 ポーランドの新星は20歳女子大生"(Sankei Express)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/20 09:48 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL