スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

藤井渡辺の激闘/第53期王位戦挑戦者決定戦

王位戦中継サイト

昨日の王位戦挑決は凄い将棋だった。藤井猛九段が渡辺明竜王を破り挑戦者となったが、正直藤井九段が勝つとは思っていなかった。戦前の予想では8:2で渡辺挑戦だろうと思ったのだが、勝負は何が起こるか分かりませんね。

棋譜→第53期王位戦挑戦者決定戦 渡辺明竜王 対 藤井猛九段
藤井九段が後手で最近連投している角交換振飛車になるかと思ったが、4手目△4四歩からまさかの藤井システム。対して渡辺竜王はシステム対策の▲5五角から角を転回して持久戦策を取った。

序中盤は藤井九段のほうがが指しにくい将棋になった。7筋の位+3七の角が後手陣を睨んでおり居飛車の模様が良い。対して後手はまとめるのが難しそうだ。△3五歩(50手目)~△6三金は苦心の手順。先手の角筋を緩和してから△4六歩と突いて捌きに出る。

△4六歩からの仕掛けはやや無理気味だったが、飛車角を捌いて勝負形に持ち込むことができた。しかし今の竜王相手ではきっちり余されて一手負けになりそうだと思った。

あえて両取りをかけさせる▲3四歩(65手目)には驚いた。△6九銀には受けずに▲4二と。次に飛車を下ろして▲5二との"と金攻め"を狙う。▲4二とは「手勝ちを読み切った」と言わんばかりの堂々とした手だが、藤井九段の次の一手(三手)が好手だった。

△4一歩▲3二飛に△6二金引
藤井渡辺王位002

△4一歩(74手目)は受けの手筋で▲同とならば"と金"の位置が悪くなる。対して竜王は3二に飛車を打ち込んだが、"と金"を取らずに△6二金引がこれまた好手。この数手の応酬で形勢は後手に傾いた。

そこから得意のガジガジ攻めで先手玉に襲い掛かる。振り飛車必勝というところまでいったが、竜王も凄まじい粘りで決め手を与えない。藤井先生も何回か明快な勝ちを逃し怪しい雰囲気が漂う。▲7四桂(146手目)が入ったときは形勢が入れ替わったかと思ったがギリギリ後手が残していたようだ。最後は「一歩千金」△3八歩で先手玉を受けなしに追い込んだ。

それにしても、あの竜王相手に逆転勝ちできるとは思わなかった。最近は終盤で競り負けることが多かったが、この将棋は全盛期を彷彿とさせる迫力があった。藤井先生というと「序盤巧者だけど終盤は逆転負けが多い」というイメージがあるが、本当は終盤も強いんです。

藤井システムがというよりは、藤井猛が強かったという将棋だった。

最後に勝又六段のツイートを引用して締めます。



七番勝負でも鰻屋の鰻が見たいですね。相手は強敵だけどなんとか陣屋(6局、7局)まではもつれてほしい。
頑張れ、藤井先生!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/31 22:54 ] 王位戦 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【藤井渡辺の激闘/第53期王位戦挑戦者決定戦】
王位戦中継サイト昨日の王位戦挑決は凄い将棋だった。藤井猛九段が渡辺明竜王を破り挑戦者となったが、正直藤井九段が勝つとは思っていなかった。戦前の予想では8:2で渡辺挑戦だろうと思ったのだが、勝負は何が起こるか分かりませんね。棋譜→第53期王位戦挑戦者決定...
[2012/05/31 23:32] まとめwoネタ速neo