スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第83期棋聖戦第1局 羽生棋聖先勝

棋聖戦中継サイト

挑戦者中村太地六段のルックス、経歴等が話題を呼んでいる今期の棋聖戦五番勝負ですが、将棋のほうも見ごたえのある熱戦となりました。

棋譜→第83期棋聖戦五番勝負 第1局 羽生善治棋聖 対 中村太地六段
振り駒の結果羽生棋聖が先手。最近の羽生さんは振り駒強いなと思って調べてみると王座戦の戸辺戦(4月16日)から7局連続で先手を引いてる。(名人戦除く)
戦型は大方の予想通り横歩取りとなった。対して中村太地六段は今流行りの△8四飛+5二玉型で対抗する。
1日制ということもあって進行が早く午前中から激しい展開となった。

羽生中村棋聖1-001

△8八飛成(36手目)~△5五角打は部分的には加藤一二三九段が得意としている指し方。(今月号の将棋世界のプロ棋士対談にも載っている)本譜は4一玉ではなく、5二玉型なのがどう影響するかというところ。

48手目までは中村六段が後手を持って指した前例があるそうだ。▲9五角(49手目)が羽生棋聖が用意していた「新手」。いかにも羽生さんらしい曲線的な指し方だ。場合によっては▲7七角と引くのだろうか。狙いが分かりにくい手ではある。

羽生棋聖の▲2九飛(65手目)と引いた手が良くなかったらしい。△9八馬~△7六馬が厳しく中村六段にチャンスが巡ってきた。後手玉は広くすぐには寄らない。

二冠ピンチかと思われたが、ここから得意の怪しい粘りをみせる。まずは▲8八香(73手目)。
羽生中村棋聖1-002

この手に対して馬を引いたのが良くなかったか。感想コメントによると△6七銀成▲4九玉△5八成銀~△6七馬と進めるほうが明快だったようだ。ただ「王手は追う手」なので指しにくい順ではある。本譜は王手で角を逃げることができたのでこの交換は先手が得した。

84手目桂馬を打てば先手の飛車が詰んでいるが、▲7六飛があって簡単ではないようだ。しかし、飛車を取れないようではおかしくなっている。

▲5九銀(91手目)は気持ちの良い決め手。昨年の名人戦第7局(森内の▲3九銀)でも出てきた手筋だ。最後は8八の香車が後手玉の上部脱出も防いでいる。

太地さんもそんなに悪い手は指してないと思ったが、最後は2人の力の差が出たような将棋だった。
やはり羽生二冠の壁は厚いですね。

将棋世界 2012年 07月号 [雑誌]将棋世界 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/06/02)
不明

商品詳細を見る
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/06/07 07:30 ] 棋聖戦 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【第83期棋聖戦第1局 羽生棋聖先勝】
棋聖戦中継サイト挑戦者中村太地六段のルックス、経歴等が話題を呼んでいる今期の棋聖戦五番勝負ですが、将棋のほうも見ごたえのある熱戦となりました。棋譜→第83期棋聖戦五番勝負 第1局 羽生善治棋聖 対 中村太地六段振り駒の結果羽生棋聖が先手。最近の羽生さん...
[2012/06/09 07:59] まとめwoネタ速neo