スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女流王位戦第5局~清水市代三冠は何度目?

女流王位戦五番勝負第5局
▲石橋幸緒女流王位-△清水市代挑戦者

石橋女流王位の反則負けが話題になった今期の女流王位戦
第5局は、石橋さんの先手、3手目に▲5八金右と上がる意表の作戦に出ました。田中寅彦九段が
時々指していますね。
これに対し、清水さんは十八番の腰掛銀→右四間飛車。
ただ通常の右四間と違って三手角(角を2二→3三→5一→8四)に組みました。
最新形も指しこなし、作戦巧者の石橋さん、クラシカルな戦型を多用する清水さん両者の個性が出た序盤だったと思います。
ishibashi5

両者とも攻めの形を作ることができ、不満のないところだと思います。
個人的には後手の「銀矢倉三手角」の形のほうが上部に手厚い構えで攻めに困らないので好きですね。

本譜は後手は△2二玉から△7三桂と桂馬を攻めに加え、先手は端を詰めて▲2五桂から端攻めに出ました。ただこの端攻めが無理気味で、清水さんは冷静に受けきり、それから△6五歩

△6五歩行くぞ行くぞとみせかけて、相手を焦らして、無理攻めを誘い、攻めを切らしたところで反撃に出る、女流第一人者らしい老獪な(といったら失礼かな?f^_^;)指し回しでした。

以下は後手優勢が続き、清水さんの勝ち、「三冠」に復帰となりました。三冠は05年度(06年冬)に矢内さんに女流名人を奪取されて以来でしょうか?
三冠以上は何度目かな、と思ってWikipediaで調べてみると

第一次「三冠」 95年2月(女流名人奪取)~97年11月(女流王位を失冠)
第二次「三冠」 98年6月(女流王将奪取)~00年2月(女流名人失冠)
第三次「三冠」 00年6月(石橋から女流王将奪取)~01年11月(中井に敗れ倉敷藤花失冠)
第四次「三冠」 04年11月(倉敷藤花奪取)~06年2月(矢内に敗れ女流名人失冠)

今回が五度目の「三冠」以上となりますね(間違ってたら指摘ください)。
もう17年も無冠になったことがないというんだから凄いですわ。まさに「女羽生」ですね。

最近は女流も戦国時代ですが、しばらくは清水さんが第一人者の座を維持し続けるのではないでしょうか。ここぞという場面では勝負強いですからね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/11/17 00:24 ] 女流 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL