スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竜王戦決勝T 山崎七段ベスト4進出

金曜日の山崎豊島戦は終盤二転三転したがとても面白い将棋だった。

棋譜→第25期竜王戦決勝トーナメント 山崎隆之七段 対 豊島将之七段

山崎七段が先手で得意の相掛かり棒銀となった。居玉で棒銀を2七で保留して、飛車を6筋にぶん回す。対局者名を隠しても先手・山崎隆之と分かると思う。8六に打った銀を9七に引かされた形は気持ち悪いが、こういうチョイ悪な形で力を発揮するのが山崎将棋。

終盤、先手が入玉含みで粘る展開になった。
128手目、豊島のほうに明快な決め手があったがそれを逃してしまう。これで形勢が再び山崎に傾いた。


最後は△8三歩(詰めろ)に▲5三馬が絶妙の詰めろ逃れの詰めろで勝負あり。序盤立ち遅れていた3六の銀が輝いていて先手玉は詰まない。△8二歩~△8三歩では△7九飛~△7二桂とかで縛るのかなと思ったが、桂を渡すと▲1五桂が詰めろになってしまうのでちょっと駄目だったようだ。

序盤の構想、中盤の独特の粘り、そして最後の「逆転ホームラン」も含めて山崎さんらしい将棋だった。

これで山崎豊島戦は豊島七段の0勝4敗。全てにおいて隙が無いと言われる豊島七段だが、山崎さんのような力戦・豪腕タイプは苦手なのかもしれない。

この前の竜王戦展望記事で深浦挑戦を見たいと書いたが、次に見たいのが山崎さん。あの自由奔放な指し回しは見てて楽しいし何より華がある。渡辺竜王との同世代対決という意味でも面白そう。次の相手(飯島七段戦)も強敵だが頑張ってほしい。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/15 08:00 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL