スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豊島完勝(ネット将棋最強戦 渡辺vs豊島)

20代若手同士の注目の対戦。
過去の対戦成績は渡辺の5勝、豊島の1勝。豊島にとって渡辺は目の上のたんこぶのような存在だ。去年の王将リーグでは豊島が勝てば挑戦決定という状況で対戦したが、終盤に勝ちを逃して負け。続くプレーオフで佐藤にも敗れ王将挑戦を逃している。

注目の対戦は千日手指し直しとなった。
千日手局棋譜
千日手局は豊島七段の2手目△8四歩から角換わり腰掛け銀。定跡形ということでもの凄いスピードで指し手が進んだ。途中までは名人戦第2局、第6局と同じ形。
(またこの形か、正直飽きたんだよなぁ。。。)と心の中で呟いていたら、豊島の△8六歩で名人戦とは別の将棋になった。これは面白そうだ。

豊島ペースで進んでいるように見えたが、銀の打ち合いになって千日手が成立した。

指し直し局は矢倉。▲4六銀・3七桂で▲6五歩を突かずに▲2五桂跳ねる形となった。
指し直し局棋譜
昔よく指された形だが、後手の馬が手厚く攻めをつなげるのは容易ではないということで最近では▲6五歩(宮田新手)が主流となっている。この▲2五桂の定跡も難しいんだけどね。


▲4四歩に△同金(60手目)が珍しい。△4四同金では△4五馬と銀を取る実戦例が多い。豊島も意外に思ったのかここで手が止まる。
後手は先手の攻めを丁寧に面倒見る方針。こういう将棋は渡辺竜王の得意とするところだろう。後手の馬が手厚く先手の攻めは薄そうだったが、守りの金を▲5六金~▲4五金と活用して攻めに迫力が出てきた。こうなると後手は受け切るのは簡単ではなさそうだ。


▲2四金(85手目)~▲3三銀打で後手玉は一気に寄ってしまった。△5六角~△3七馬では△3三歩と受ける手もあったと思うが、ここでは既に後手が苦しいんだろうな。感想を見ると竜王は諦めていたみたいですね。後手は▲5六金△8二馬のところで馬を切って勝負したほうが良かったようだ。無難に馬を引いても受け切れそうな感じだったが、先手の攻めが思った以上に煩かった。

しかし、こんなにあっさり寄ってしまうとは・・・竜王相手にこの勝ち方は凄い。

2局とも面白い将棋で堪能しました。この2人の対戦は早くタイトル戦で見たいですね。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/23 22:27 ] 大和証券杯最強戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL