スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネット将棋最強戦 郷田棋王vs羽生二冠

大和証券杯は前回からタイトル保持者への優遇がなくなり、成績重視の選考になった。その結果低段の棋士にもチャンスが広がったが、今年のベスト4は羽生、郷田、佐藤、豊島とタイトルホルダーが3人。持ち時間の違いがあっても強い棋士は強いということだろうか。

棋譜→第6回大和証券杯・ネット将棋 最強戦準決勝 羽生善治二冠 対 郷田真隆棋王

郷田棋王が先手で横歩取り△8五飛の将棋になった。最近は△5二玉型が流行っているが、本局はオーソドックスな△4一玉型。対して先手は▲6八玉型を選ぶ。昔よく指された定跡形に進んだ。この形の代表局は▲森内△渡辺の竜王戦第7局(2004年)。渡辺さんが竜王奪取した一局である。

羽生郷田最強001

郷田と羽生も72手目△2四馬までは経験があるそうだ。前例の▲郷田△片上戦(2008年、銀河戦)では▲6四歩だったが、本譜は▲4四歩△同歩▲5六角。どこかで入れたい▲4四歩だが、この場合は△4四桂も消して良い手に見える。

対して後手の攻めが少し重かったかもしれない。△5八金(104手目)で△4九飛成ならどうだったか。本譜は上に逃がす寄せで少し変でしたね。▲5六馬と馬を好位置に引かれて後手が苦しくなった。続いて▲3五桂(113手目)が厳しく先手勝ち。先手玉は7七に逃げて寄らない。

この棋戦優勝したことのない羽生二冠だが、今回もベスト4止まりに終わった。
郷田棋王は優勝した第1回大会以来の決勝進出。2度目の優勝なるか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/30 07:30 ] 大和証券杯最強戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL