スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 藤井vs阿部健

棋譜→2012年08月12日第62回NHK杯2回戦第1局(NHKの公式サイト)

藤井猛九段に阿部健治郎五段、共に西村門下の兄弟弟子対決だ。この2人は普段研究会等でもよく指しているとのこと。解説は師匠の西村一義九段だった。

先手の阿部健が初手▲2六歩△3四歩に▲2五歩と突いた。3手目▲2五歩は藤井が得意とする角交換振り飛車を避けて形を限定する意味がある。▲2五歩を決められたので向飛車もあるところだが、藤井は四間に振った。出ました、藤井システム!やっぱそうじゃなきゃね。

藤井システムに対して先手は▲3五歩からの右銀急戦を選ぶ。▲5五銀(27手目)では▲3三角成△同銀▲3五銀もあるところ。本譜は角を交換せずに振り飛車の角を目標とする指し方。

阿部健藤井002

△6三歩(38手目)は銀取りだがこの瞬間が怖い。対して先手からは▲5三角や▲2三歩、▲2二飛成がある。阿部健は▲2二飛成△同飛▲4四角と王手飛車をかける順を選んだ。王手飛車はかかったが後手も6四の銀を取れるので駒の損得はない。飛車を取ってから阿部は桂香を取らずに▲4四馬と引き付ける。香車を取るのではぬるいと見たか。

▲3一飛△5七銀に一旦▲6八金寄(49手目)と受けたが、ここでは▲5一銀があった。阿部健は▲5一銀に気づいていたが、このチャンスを見送ってしまう。

▲3三同飛成(59手目)の局面は後手が桂損で藤井はあまり自信がなかったようだが、ここからの受けが渋かった。

阿部藤井NHK001
図以下△6二角!▲3四桂△6三金寄▲6二角成△同金寄と進んだ。

4二桂成を狙って阿部健は▲3四桂と打ったが、△6三金寄の味が良い。続いて△6二同金寄で目標となっていた金を手順に逃すことができた。▲6二角成では▲4四銀で角交換を拒否する手もあったが重い手なので指しにくい。金三枚のバリケードが出来て先手からの攻めが難しくなった。

以下も大駒交換する派手な進行が続いたが、最後は藤井九段がしっかり即詰みを読み切って快勝。解説の西村先生も言うように藤井九段の渋い受けが目立った一局だった。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/13 21:59 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL