スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大和証券杯最強戦 佐藤王将優勝

羽生世代対決となった決勝戦。過去の対戦成績は佐藤25勝、郷田24勝と全くの互角。2人にとって50局目の節目の戦いとなった。

モバイル中継ブログに写真がupされていたが、佐藤王将は和服での対局だった。佐藤さんはタイトル戦以外でも大事な対局では和服着用が多いけど、ネット対局でも着てくるとは思わなかった。パソコンの前に扇子を置いて画面を睨んでる写真はなんかシュールな感じがする。

棋譜→第6回大和証券杯・ネット将棋 最強戦決勝 郷田真隆棋王 対 佐藤康光王将

将棋は佐藤王将が先手で角交換型の向飛車。対して後手の郷田九段は居飛車で銀冠に囲う。この形は互いに角を持ち合っているため手詰まりになりやすい。後手は千日手でも構わないという姿勢だ。千日手の可能性もあったが佐藤は▲6五桂(45手目)から打開する。


桂交換の後の▲6六桂(49手目)は思いつかなかった。5四桂は△5三銀で受かるし、▲7四桂と跳ねても次に何かあるわけではない。いわゆる「もたれ指し」というやつ。

後手が1筋に飛車を回って、先手の8筋攻めは間に合わない。郷田の猛攻を佐藤が受ける展開となった。先手は▲6一角(79手目)から馬を作ってプレッシャーをかける。後手の攻めが一息ついたところで▲6三馬から反撃だ。


激しい終盤戦になった。▲1五桂(117手目)に郷田棋王は△同飛!と切って勝負をかける。△1六桂から△4五桂と二枚の桂馬で寄せようとしたが、▲5七歩(123手目)が受けの好手。△2八成桂から詰ましにいったが詰まず、佐藤王将の勝ちとなった。

戻って▲1五桂には木村八段指摘の△2四銀打と受ける手もあった。郷田さんなら飛車切りそうな感じはしたが。その後の△2六歩(126手目)では△2八金が難解でこちらは結論が出なかったようだ。

それにしても▲6六桂~▲7四桂で勝つとは佐藤康光恐るべし。佐藤さんが持ち前の腕力でねじ伏せたという感じの将棋だった。

佐藤王将はこれで今期13勝2敗と絶好調。早指し棋戦で稼いでいるのもあるが、順位戦も2連勝スタートだし、もう1つタイトルを取りそうな勢いがある。この調子で久々の名人挑戦、二冠を目指して頑張ってほしい。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/27 08:00 ] 大和証券杯最強戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL