スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

驚愕の端攻め~第60期王座戦第1局

王座戦中継blog

待ちに待った渡辺vs羽生の王座戦が始まった。過去の対戦成績は渡辺19勝、羽生16勝と拮抗しているが番勝負に限定すると渡辺の3-1。2008年、2010年の竜王戦、そして去年の王座戦と渡辺が3連勝している。羽生二冠からするとここで流れを変えたいところだ。

棋譜→第60期王座戦五番勝負 第1局 渡辺明王座 対 羽生善治二冠
羽生二冠が先手で▲7六歩△8四歩▲6八銀から矢倉になった。ガッチリ組み合う相矢倉は先手の攻めを受け続ける展開になるが、本局後手の渡辺王座は積極策を選んだ。△5三銀右からの急戦矢倉だ。羽生の▲2五歩(21手目)が珍しく、あまり見たことのない形となった。最近は定跡形の矢倉が多かったのでこれは面白そうだ。

▲9七角と上がって端から角を使っていくのが羽生二冠の構想だった。△6五歩から△6六歩と取り込まれても指せるという大局観。
渡辺羽生王座60_001

先手が▲2四歩と合わせてきたのに対して、渡辺は受けずに△9五歩!飛車を切って▲7二角の両取りや▲2三歩が見えているが、強く攻め合いに出る。ただ、このあたり渡辺王座は作戦負けを自覚していた。

先手は角を切ってからじっと▲4五桂と跳ねる。解説の佐藤王将が「歴史上見たことがない」という表現で驚いていたが、確かにあまり見ない筋ではある。いかにも羽生さんらしい緩急自在の指し回しだ。対して渡辺は堂々と△9六歩と取り込む。
渡辺羽生王座60_002
次に△9七歩成~△8七とが詰めろだが、その2手の間に攻め潰されそうなので怖いところである。

渡辺羽生王座60_003

終盤、▲4五銀が味良く見えるので先手が良いかなと思っていたら、△6七桂(76手目)が厳しかった。▲同銀は先手が自信ないので▲6九玉でどうかと言われていたが、羽生は素直に桂馬を取る。(感想戦のコメントにもあったがここは▲6九玉が正着で、むしろ先手有望だったようだ。)▲6七同銀以下△4五銀▲6六銀に△9七歩成。ついに端攻めが間に合った。

その後も難しい終盤戦が続いたが、渡辺王座が羽生二冠の攻めを余して勝ち。△9五歩から△9六歩の取り込みが最後の最後に間に合って詰みに働くという凄い将棋だった。

一局目から凄い内容で感動しました。これが最高峰の戦いなんですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/08/30 21:31 ] 王座戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL