スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第62回NHK杯 行方vs久保

過去の対戦成績は行方八段の10勝、久保九段の8勝。先手のナメちゃんは対振りを得意としていて、久保だけでなく振り飛車御三家の藤井、鈴木にも勝ち越している。対局前のインタビューでは「久保さんの捌きを真っ向から受け止めて、終盤は切れ味鋭く決めたい」と力強く答えていた。

解説はマッチこと浦野真彦七段。行方の「真っ向から受け止める」というコメントに反応して「(行方が)相振り飛車ならお説教」と言っていたが、初手▲2六歩から対抗形になったのでお説教はなかった(笑)

久保九段といえばゴキゲン中飛車のイメージがあるが、本局は角道を止めずに△4二飛。藤井九段の影響もあってかこの角交換振り飛車が流行ってきている。


矢倉に囲って5筋の位を取るのが行方の構想だった。▲4五歩△同歩に▲同桂!歩のえじきとなりそうだが、△4四歩には▲3三角の強襲がある。ということで久保は△4四銀と上がって受けた。

ここから久保さんが形にとらわれない力強い受けを見せる。▲4三角には△5二角と合わせて、▲5四歩には△同金と取る。美しい高美濃が崩れてしまうが4五の桂馬を取って駒得できる。

先手の攻めが細いと思ったが、案外煩かった。行方さんはこういう細い攻めをつなげるのが上手いと思う。


終盤、▲5四成銀に△5五歩と受けたが、▲9七桂と跳ねる手があって先手の攻めが繋がった。対して久保九段は△7六桂から寄せ合いに行ったが、▲7六同銀△同銀が詰めろになっていない。△7七金には▲8九玉と引いて先手玉に詰みはなく(ちなみに▲7九玉と引くのは△4六角成があって詰んでしまう)行方の勝ちとなった。

後手が受け切れそうな将棋だったが、玉形が薄くしかも早指しということで実戦的には大変だったのかもしれない。

勝った行方八段は今期絶好調。順位戦も5連勝で単独首位を走っている。今日の将棋はずっと苦しい展開だったが、それでも勝てるのは調子が良い証拠だと思う。順位戦もNHK杯もこの勢いで勝ち進んでほしい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/09/03 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL