スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竜王戦挑決第3局

竜王戦中継Plus
一昨日行われた竜王戦の挑戦者決定戦第3局は丸山忠久九段が山崎隆之七段を破り、2年連続の挑戦者に決まりました。

棋譜→第25期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第3局 山崎隆之七段 対 丸山忠久九段
将棋は後手の丸山九段が得意の4手目角交換を採用。△3二金を保留しているのがポイントで▲3五歩△同歩▲4五角は大丈夫とみている。


山崎七段の▲5六角(39手目)にはビックリした。とんでもないところに角を打ってきた。狙いは▲2三角成からの2筋突破。山崎将棋は意表を突く手が多いから面白い。
対して丸山九段の△1四歩はさすがの一着。▲2三角成からの強襲はこの手で受かっている。

先手は▲7四角からもたれる構想だったが、49手目▲8三銀が大悪手。この銀は重すぎた。以下は後手が優勢になり丸山九段の勝ちとなった。

大一番なので熱戦を期待したが、一方的な展開になってしまったのは残念。最後は見ているほうが辛くなるような将棋だった。もちろん指している本人も辛かっただろうが。

丸山九段の連続挑戦は見事。今期は1組で飯島七段に敗れたが、その後、郷田、羽生、三浦、深浦、そして山崎を倒して挑戦を決めた。何といっても出場者決定戦で羽生二冠を倒したのが大きかった。順位戦では降級、B1でも3連敗スタートと苦しんだが、竜王戦では本来の強い丸ちゃんを見ることができた。

七番勝負は去年同様角換わりシリーズになりそうだ。丸山先手渡辺後手のときは2手目△8四歩からの正調角換わり。丸山後手のときは本局のように一手損角換わりになるだろう。あとは丸山後手のときに、横歩取りがあるかどうか。

去年4-1だったので今年も渡辺防衛を予想する声が多いようだが、意外と接戦になるのではないかと思う。最後は渡辺さんが勝負強さを発揮して防衛となりそうだが、楽な相手ではないことは確かだ。

名局賞を受賞した前期第4局のようなハイレベルな攻防を期待します。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/09/13 07:30 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL